line_box_head

NASAの技術を注ぎ込んだリラックスチェア。アウトドアでも使える「ラフマ」の本格家具が生まれ変わって登場!

(2018.03.31)

道具のTOP

icon

 世の中には、人間をダメにする椅子、というものが存在します。あまりの心地よさに、一旦座ったらすべてのやる気をなくしてしまうというものですが、ラフマ(Lafuma)はそれとはまったく違った方向性で心地よさを提供しています。

 言ってみればラフマの心地よさは「やるべきことをやるための気力をやしなう。そのためのリラックス」とも言うべきもの。何だこれぇえええええ、というフニャフニャのリラックスを提供しながら、「時間です!」と言われたらスッと立ち上がれる。そんな、メリハリバッチリのリラックス感というものがあることを教えてくれる椅子です。

 というのも90年台、NASAでは宇宙飛行士の身体に負担をかけず、自然に無重力空間に浮かんでいられるポジションを研究しました。その結果、股関節の角度が128度(±7度)、ひざの曲がりは133度(±8度)、そして心臓とひざの高さが同じになることが、身体にいちばん負担がなくリラックスできる体勢であることが立証されています。

 ラフマはこの理論を継承し、ストレスをやわらげ、重力などによる緊張から身体を開放する、心理的にも肉体的にもリラックスできる椅子を作り上げました。そのひとつが無重力リクライニングチェア「R CLIP」です。

Photo By ©Pierrick VERNY
「R CLIP」はラフマのロングセラーモデル「RSXA」をベースに、シートとフレームとの接合パーツをスナップ式のサスペンションを採用したモデル。これによってリラックス度は一段とアップ。

 しかもこの椅子はパティオやバルコニーでの使用を織り込んでいます。そのため、シート素材は防カビ・抗UV特性に優れたフランスはセルジュ・フェラーリ(Serge Ferrari)社の「パティライン ISO」を使用。つまり、生まれながらにアウトドアで使われることが想定されているというわけです。そのためお手入れも簡単。収納時にはわずか16センチの厚みに、簡単に折りたたむことができます。

■R CLIP(アールクリップ)
これぞ、リラックスのためにデザインされたチェア。カラー(左から):ベゴニア、シトラス、メンソール 全3色 サイズ:高さ81.5〜114×幅68×奥行き87〜163cm 重さ:6.6kg 価格:25000円+税

 

左)折りたためば、その厚みはわずか16cm。ミニバンの荷室にも余裕で収納可能です 中)オプションパーツのドリンクホルダー。マストアイテムですね。1990円+税 右)キャリーバッグも用意されています。6800円+税

 家具レベルのアウトドアチェアではなく、アウトドアでの使用を叶える家具。そのクォリティは言うまでもありません。思い切り体重を預けられる高い背もたれには取外し可能なヘッドレストも備えました。さらに、足の重みを受け止めるレッグサポートも完備。湖畔で、見晴らしのいい高台で、海辺で。お気に入りの場所でこの椅子に身を任せるシーンを想像しながら、この春夏のお買い物リストに付け加えることを強くオススメしたいと思います。

詳しくはこちらへ
ラフマミレー株式会社
www.lafuma-furniture.jp

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot