line_box_head

【速報】話題のブランド「サバティカル(SABBATICAL)」 その全容をどこよりも早く!

(2019.08.20)

道具のTOP

icon

 朗報を速報でお伝えしよう。A&Fがついに動いた。

 これまでディストリビューターとして海外の優れた製品を紹介し、日本のアウトドアシーンに多大な影響を与えてきたカンパニーに、新たなブランドが加わる。

 その名前は「サバティカル(SABBATICAL)」。意味は長期の有給休暇、あるいは研究者が制約なしに活動範囲を広げるための自由時間。つまり本来の自分に戻る、あるいは自分の向上心に従ってルーチンワークから離れる、というニュアンスだ。ネーミングだけで、すでにこのブランドがいかにアウトドアライフのクォリティを上げようとしているかが香り立ってくるようだ。

これまでロゴのみが公開されていた「サバティカル」。その正体はシェルターブランドだった!?

 この意欲的なブランドの取材解禁日は8月20日。Akimamaは粘り強い取材交渉の末、先駆けて新製品に触れる機会を得ることができた。

 特別な許可の元、勇んで駆けつけた盛夏のキャンプ場に張られていたのは、2種類のシェルターと2サイズのタープ。そのファーストインプレッション、そしてシェルターに入ってみた印象などを含めて、どこよりも早い、見て、触って、寝てみた感想をお伝えしたいと思う。

 

■ラージサイズのフラッグシップモデル>スカイパイロット(Sky Pilot)

「スカイパイロット」は6〜8人のグループを想定してデザインされた大型シェルターだ。天候や気温、人数、使い方に応じてメッシュ、巻き上げ、跳ね上げなどあらゆるフォーメーションに転換できる自由度が特徴となっている。

基本的にサバティカルのシェルターはワンポール型だ。が、ワンポールは地面近くにデッドスペースができやすく、壁の近くではヘッドクリアランスを確保しにくい。そこでサブポールを使ってウォールを立ち上げ、スペースを確保している。「スカイパイロット」では4本のサブポールをとりいれることで、シェルターの隅々までスペースを有効に使うことが可能になっている。

 シェルターは当然のようにフロアレス。椅子やテーブルを置いてリビングスペースを作ってもいいし、サイズにもよるが小型のテントを設営することも可能だ。

 また今回の4モデルについて、素材はすべて乾きの早いTCコットンを採用。遮光性と通気性に優れている点も、居住性の向上に大きく貢献している。

取材の日は誰もが日陰を探してしまうような日差しだった。が、夏の太陽に炙られているにも関わらず、シェルター内は快適そのもの。立って歩くと、シェルター上部に熱のこもりを感じるのは仕方ないとしても、胸から下あたりは非常に快適なのだ。TCコットンの遮光性に加えて、四方に設けられたベンチレーターが高原の風をスムースに招き入れているのがよく分かる。この風通しの良さと、大容積テントだからこその安定した気温は、日本のアウトドアシーンにおいて大きなアドバンテージとなるだろう。

 中に入った第一印象は、とにかく開放感があることだ。ワンポールである以上、天上が高いのは当たり前。そこに加えて壁がスッと立ち上がっていることで、テントの端まで背をかがめることなく歩いていくことができる。シェルターというより、これは布でできたキャビンだ。その余裕に溢れた居住性には感動さえ覚える。

左/ロゴのレイアウトも非常にシンプルでクール。製品全体を通じて、シックにまとめる大人の落ち着きを備えている。右/ワンポールテントの頂上部。しっかりした補強の他、開閉可能なベンチレーターを装備。そのベンチレーターのスライダーには操作用のロッドが設けられ、2mを超える高さのベンチレーターも簡単に開け閉めすることが可能にしている。

 そして試しに運び込んだコットに腰掛けて納得した。このテントは椅子に座った高さでの快適性に優れている。目線を低くした時に実感する広々とした空間は、間違いなくサブポールによるものだ。

 加えて、その風通しの良さが素晴らしいのだ。熱気はこの高い天井に設けられたベンチレーターに導かれ、シェルター下部には効率よく外気が取り入れられていく。それゆえに座ったとき、ちょうどいい高さで風が通り抜けていく。

 事実、その後で横になったコットでは真夏の午後にも関わらず、心地の良い風を楽しみながら、しばしシエスタを頂いたほど。炎天下のシェルター内で涼しく過ごすという経験は、この豊かな空間ならでは、といえるだろう。

■スカイパイロット 仕様
サイズ 幅720×奥440×高270cm
重量  本体14.7kg、ポール5.6kg、ペグ2.1kg
カラー フォレストグリーン、ライトベージュ
付属品 本体(TCコットン)、センターポール1本(スチール)、サブポール4本(スチール)、ハンガーテープ2本(ポリプロピレン)、ペグ20本(スチール)、ロープ8本(ポリプロピレン)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース(ポリエステル)
価格  76,800円(本体 税別)

1 2 3
 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot