line_box_head

札幌の冬フェスOTO TO TABI。音楽とアートとごはんとお酒と雑貨と冬のピクニックがテーマ!

(2016.03.08)

フェスのTOP

icon

画像

札幌のおしゃれで個性的な雑貨を扱うショップや、手作りのZINEや小冊子を販売するショップなどが出店する。

画像02

ライブは、音楽のセンスが感じられるラインナップだ。首都圏のフェスでも、なかなかこのラインナップは実現しない。

画像03

テーマは冬のピクニック。ライブはもちろん、マーケットやフェス飯など、ここだけにしかないものを味わえるのが魅力。

画像04

会場は、札幌の中心部からちょっと離れた芸術の森。「冬のピクニックを楽しんでほしい」とオーガナイザー。

 北海道の3月は、まだ冬の真っ只中で春は遠い。「音楽とアートとごはんとお酒と雑貨と冬のピクニック」をテーマにしたOTO TO TABIは、今年で6回目の開催となる札幌の冬フェスだ。アイデアを出し合い、少しずつコンテンツを加え、多様なものが融合する場=フェスに成長している。オーガナイザーの星石二郎さんに、OTO TO TABIを続ける理由を聞いた。

—— OTO TO TABIは2011年にスタートしました。どんな思いで立ち上げたのでしょうか。
 初回は初期衝動的な部分が大きかったです。しかしさかのぼると、このようなイベントをやるくらい音楽が大好きになったのは、二十歳のときに銀杏BOYZに出会ったことがきっかけだったなと思います。それから徐々に、こういうことをやってみたいという思いが強くなっていきました。
 初回は分からないことだらけでしたが、企画書をつくり、出演交渉を直接行い、正直断られることもあるだろうと思っていたら、皆さんオファーを受けてくれて、初回から予想以上に豪華な出演者の方々に出演していただけました。日本全国でフェスは流行っていますが、もっとこう、なんていうか「祭り」のようなものを目指したい気持ちがあります。
 OTO TO TABIの運営メンバーは、全員普通の社会人として仕事をしており、音楽業界や、イベント運営に関する仕事をしているスタッフはいません。ですがその分、様々な人たちに助けられて、開催することができています。専門的な相談に乗ってくれる方や、各種イベント・企画をやらせてくれたり、チケットを販売してくれるショップの方、告知などに協力して応援してくれる方、ステージの舞台監督さんなどは初回からお願いしているプロの方にご協力いただいていたり、当日は多くのボランティアスタッフにお手伝いしてもらっています。
OTO TO TABIのことを理解して応援してくれる心強い方がたくさんいて、ここまで続けてこられたんだなと思います。

1 2 3
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot