line_box_head

ライブも出店も充実。2014年最後の「忘れられない出来事」をLStDで!

(2014.10.23)

フェスのTOP

icon

画像

今年の出店は100を超えるとか。全国から、個性的なお店が集結する。

画像02

昨年は、セージを焚いて祈りを捧げてから祭りがスタートした。今年はどんな出来事が待っているのだろう。

画像03

ラインナップされたバンドやDJは30近く。ライブ時間はたっぷり設けられている。

画像04

夜になると雰囲気を変えるデコレーション。デコレーションチームも「アーティスト」としてホームページでは紹介されている。

 昨年、浜名湖に近い公園で初開催された「LOVE SAVES the DREAM」。今年は朝霧高原に会場を移して行なわれる。

 「LOVE SAVES the DREAM」の特長は、なんといっても出店するブースが多いことだろう。全国から集ってくる出店者。それは、このフェスをオーガナイズするショップDriIllが、長きに渡って各地で培ってきた繋がりから発生したものに違いない。フェスや祭りに彩り以上の何かをプラスしてくれる出店者。その何かとは、ライフスタイルなのかもしれない。フェスという特別な時間ではなく、フェスの時間を毎日の暮らしに持ち帰ること。それは、ライブよりも、出店者から受け取るもののほうが大きいかもしれない。その意味で、出店者がフェスをフェスらしく構築していると言えるだろう。

 ライブも、もちろん充実している。ラインナップされたバンドは30近く。発表されたタイムテーブルを見ると、どのバンドもたっぷり時間がもらえている。しかも重なっていない。フェスでは短めのライブが多いけれど、「LOVE SAVES the DREAM」では、ハコでやるライブと変わらない時間が約束されている。バンドのモチベーションも高くなる。

 そう考えてみると、「LOVE SAVES the DREAM」は愛に包まれているような気がする。遊びのなかに愛がある。これって素晴らしいことじゃないか。「忘れられない出来事」がきっと待っているよ。

LOVE SAVES the DREAM 超越
開催日:11月1日(土)〜3日(祝)
会場:ハートランド朝霧

LOVE SAVES the DREAMの詳しい情報はコチラをチェック!

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot