line_box_head

ジャグバンドって知ってる? 横浜西口がグッドミュージックで溢れる日。

(2016.04.04)

フェスのTOP

icon

画像

横浜西口の5会場で開催されるジャグバンドフェス。チャージフリーの会場が3つ。今年で15回目の開催で、横浜を代表する春フェス、グリーンルームより歴史が長い。

画像02

ライブに身を任せていると、アメリカの街にいるような雰囲気も味わえる。

画像03

ジャグバンドとは20世紀初頭のアメリカの南部でおこったバンド形態。ジャグとはウイスキーと貯蔵する瓶のこと。つまり生活に目指した音楽を指している。今年は全国から50近いジャグバンドが横浜に集結する。

5月に横浜の赤レンガ地区で行われる「グリーンルーム・フェス」。春フェスを代表する存在として人気を集めている。今年で12回目の開催となる「グリーンルーム」より古い歴史を誇っているフェスが横浜にある。横浜西口で行われる「横浜ジャグバンドフェスティバル」だ。2002年にスタートして、今年で15回目。今年も50近いバンドが、横浜で演奏するために全国からやってくる。横浜のサムズアップというグッドミュージックを紹介するライブハウスのオーナーであり、ジャグバンドフェスティバルのオーガナイザーである佐布旬さんにインタビュー。

—— どんなキッカケでジャグバンド・フェスがスタートしたのですか?

 1987年にBUDDYというBARを初めて、いろんなミュージシャンが集まりBAR LIVEが始まりました。そこに「MOONEY」というROOTS MUSICが大好きなミュージシャンがいて『横浜も海外みたいに街中に音楽が溢れるお祭りをやりたいな~』なんて話していたのが始まりです。

—— ジャグバンド・フェスのことを紹介してください。

 「ジャグバンド (Jug Band)」とは1900年初頭アメリカ南部で発生したバンド形態です。ジャグ(jug)とは『瓶』のことで、そのジャグを吹いてチューバのような音を出したりします。そのジャグが入ったバンドを一般的に「ジャグバンド」と呼ばれます。バンジョー、ギター、マンドリンなどの楽器の他に、洗濯板をこすってリズムを奏でるウォッシュボード、洗濯ダライに棒とワイヤーを張ってベースのように使うウォッシュタブベース。このように生活用品を楽器として使って演奏する音楽です。まさに全てのポピュラーミュージックの原点にある実に庶民的で原始的な音を楽しむことを教えてくれるバンド形態であると言えると思います。トラディショナルな誰もが知っている曲を中心に、ジャズやブルースやフォークやカントリー、なんでもあるのがジャグバンド。ここからいろいろな形のポピュラーミュージックへと発展していくのです。誰もが楽しめる音楽のお祭りです。

1 2
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot