line_box_head

富士山に沈む夕陽を、高尾山山頂から眺めてみないか?

(2014.12.02)

アウトドアのTOP

icon

画像

7月に開催された「ハンモックで昼寝&読書」のワンシーン。都会(東京)の身近なエリアでも、自然を満喫できる。

画像02

「地図読みの基本と簡単なセルフレスキュー」は10月に開催したテーマ。10月は、参加者のほとんどが女性だったという。

画像03

低山小道具研究家の森勝さんが同行。森さんの、アウトドアの智慧を聞けるのも、このハイキングイベントの魅力のひとつ。

「四季の山を歩き、思い、創造する」をスローガンに掲げる日本発のブランド、アクシーズクイン。MADE IN JAPANのアイテムを増やすのと同時に、日本の四季にマッチしたアイテムを独自のスタンスで開発している。

 そんなアクシーズクインが、身近なエリアを歩きながらハイキングの意外な楽しみを知ってもらおうと、ハイキングイベントを2カ月に一度程度のペースで開催している。

 目前にせまった12月のハイキングのテーマは「富士山に沈む夕陽を見る」。富士山付近に沈む夕陽を、高尾山山頂から眺め、ヘッドライトを使って下山してくるというコースだ。冬の低山歩きに便利なアクシーズクインのアイテムを試しながらのハイキング。低山小道具研究家の森勝さんが同行するので、いろんなアウトドアの話を聞きながら、ハイキングを楽しめるのも、このイベントの魅力のひとつ。

 参加費は無料。定員も8名と少ないので、アウトドア初心者でも気軽に参加できるハイキングイベント。空気なクリアな今の時季ならではの美しい富士の夕陽が、晴れたら見られるはずだ。申し込みの締切は、4日(木曜)の17時。紅葉も、まだ楽しめる高尾山。身近なエリアにも、自然の楽しみがあることを知ることができるはず。

・開催日:12月6日(土)
・集合時間:14:00
・集合場所:JR高尾駅北口改札(AXESQUINのパネルが目印)
・予定コース:高尾駅北口~(バス)日影~いろはの森コース~高尾山頂~高尾山口駅
・終了予定時間:18:30
・定員:8名

お問い合わせ・お申し込み:
株式会社アクシーズクイン 担当:柳谷(やなぎや)TEL 03-3258-6211
e-mail : info_pro@axesquin.co.jp

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot