line_box_head

創業は1981年。たった30年少々で世界的ブランドに成長したMERRELLの歩み

(2016.03.31)

アウトドアのTOP

icon

 思わず出かけたくなる、時には走り出したくなる。それとも遠くまで行きたくなる? MERRELLの製品に漂う空気感は、創業当時から変わりません。いつの時代も多くの人の心を沸き立たせ、旅心に火をつけ、未知のトレイルを歩むことを後押ししてきました。どうしてそんな製品が生まれてくるのか? それを知るには、MERRELL誕生の物語をお話するのが分かりやすいかもしれません。

 

■はじまりは職人気質
 MERRELLは1981年に設立されました。もともとカウボーイブーツをカスタムメイドで作っていたランディ・メレルが、腕試しとしてハンドメイドハイキングブーツを作ったことがきっかけです。高い技術、丁寧な仕上げ、顧客の要望に添った細かな作り込みなどから、ランディのブーツは「過去最高品質のハイキングブーツ」として支持され、当時アウトドア好きの間でもっとも人気を得ていた雑誌「バックパッカーマガジン」では「北米でもっと機能的で快適な靴」に選ばれたほどです。

 このブーツに興味を持ったのが、ジョン・シュバイツァーとクラーク・マティスでした。ジョンはスキー会社勤務、クラークはクロスカントリーの元オリンピック選手。スキーを通じて知り合った二人は、夏山を安心して登れる理想のハイキングブーツを捜していたのです。そんな時、ランディと出会い、彼の作るブーツこそ自分たちの求めていたものだ!という確信を得たのです。一方のランディも、自分の製品を徹底的に理解してくれる二人に出会えたことで大きな勇気を得ることになります。こうして製造はランディが、マーケティングはクラークが、経営はジョンが担当。それぞれが得意分野で力を発揮する形を取り、メレル・ブーツ・カンパニーを誕生させたのです。

 MERRELLは最初から理想を追求する人たちが、高い技術で夢を叶えるという熱意の中で生まれました。しかも創業からはまだ30年と少々。若さと情熱、柔軟な発想が推進力となり、数々の革新的な製品を驚くほど短い時間の中で生みだしてきたのです。

 



  • カウボーイブーツ
    ランディー・メレルが手作業で仕上げていたカウボーイブーツ。顧客一人一人に合わせて仕上げるカスタムメイドのスペシャルモデルでしたが、自分の技術を試すためにランディは多くの人がユーザーとなるハイキングブーツにトライします。言わばMERRELLは、自己への挑戦から始まったのです


  • クラーク・マティス
    クロスカントリーでオリンピック出場経験もあったクラークは、夏山も愛する生粋の山男でした。その彼が求めていたのが、安心して山を歩ける信頼性の高いハイキングブーツ。オリンピックに出場するなど、アスリートとしての高みを経験したクラークだからこそ、ハイキングブーツにも妥協を許すことができなかったのかもしれません
1 2 3 4
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot