line_box_head

スノーボードカルチャーを撮りつづける遠藤励氏の作品集を世に送り出そう

(2015.09.18)

カルチャーのTOP

icon

画像

90年代からプレイヤーとして写真家としてスノーボードシーンを追いつづけた遠藤氏。今作は18年間の集大成であり、18年目のはじまりでもあります

 スノーボードにのめり込み、スノーボードの専門誌を愛読していた人なら写真家・遠藤励氏の写真を見たときに「この写真、覚えてる!」という方も多いかもしれません。またスノーボードをされない方でも、はじめてその写真を見る方でも、純粋に「かっこいい」「美しい」と感じることでしょう。遠藤氏の写真には、心をぎゅっとわしづかみにされるようなそんな力があります。

 遠藤氏は、長野県大町に生まれ育ち、スケートボード、スノーボードに夢中になったそうです。スノーボードが爆発的なムーヴメントとして世界に広がった90年代から、彼自身もプレイヤーとしてシーンを見つづけ、そして写真という表現を通じて成長するシーンを今なお伝えつづけています。

 その彼が、18年目にして長年の目標であった写真集の制作に踏切ました。そしてクラウドファンディングという方法でそれを実現しようとしています(Motion Galleryにて)。作品集の名前は「INNER FOCUS」。被写体の内面にフォーカスするという意味で、彼が活動をはじめた当初から掲げているコンセプト。

 作品の一部を紹介しましょう。

 ダイナミックなライディングはもちろんスタイル、表情、そしてその舞台となる大自然の美しさを、最高の構図、色彩で切り取った瞬間があります。それはやはり彼自身がプレイヤーであるということにも起因しているのかもしれません。彼に撮ってもらいたいというスノーボーダーや、自社の広告に使いたいというブランドが多いことも頷けます。

1 2
 
 
ライター
渡辺信吾

アウトドア系野良ライター。デザイナー、Webディレクター、コーディネーターとしても活動中。波乗り、雪乗りで一年中真っ黒。 ホームページ「NORA」

line_box_foot