• カルチャー

カナダのジャンボ・バレーに生きるグリズリーベアの大きなお悩み

2015.10.27 Tue

福瀧 智子

福瀧 智子

 カナダのブリティッシュ・コロンビア州パーセル山脈にあるジャンボ・バレーは、その豊かな地形などから、バックカントリー・スキーやスノーボードのフィールドとして名高いエリアとして知られています。また、同時に北米でもっとも重要な野生生物のコリドー(回廊地)の一部として世界的に貴重な場所でもあり、グリズリーベアがアメリカとカナダの間を自由に徘徊できる地として、現在北米でたったふたつしか残されていない地域のひとつとされています。

 そんなジャンボ・バレーで、25年近くにも及ぶ期間、先住民や地域住民、スキーヤーやスノーボーダー、グリズリーベア保護活動家たちが、大規模なスキーリゾートの建設計画と闘ってきました。

 今回パタゴニアが11月2日を皮切りに全国5箇所で“無料公開”するのが、その一連の経緯を追ったドキュメンタリー『Jumbo Wild』。

 バックカントリースキーやスノーボード関連の映画などを製作する「スウィートグラス・プロダクション」の監督ニック・ワゴナーが、自身の地元で起きているその紛争に飛び込み、手つかずの自然を守ろうとする人々と、開発事業者との間で起きている対立に焦点を当て、スキー場建設にまつわる複雑に絡み合ったストーリーを追跡。開発業者たちの計画当初の概要説明から、1993年のカナダ政府による企画承認、現在に至るまでの長い経緯を記録してきました。


バックカントリー・スキーやスノーボードの素晴らしい映像を背景に、『Jumbo Wild』は議論の分かれている問題をあらゆる局面から描き、ジャンボ・バレーの保護に向けた地元住民の情熱的な闘いを映し出す(写真提供:パタゴニア日本支社)

 現在もなお続いている反対派の闘い。物語のなかでたびたび登場するキーキャラクターのグリズリーベアは、どうなっていくのでしょうか?

 2012年以降、パタゴニアは「ジャンボを野生のままに保つ」ための活動において、ジャンボ・バレーで活動するWildsightを資金的に支援するとともに、メッセージを発信。無料上映は、国内全5箇所。各上映会場と、パタゴニア各直営店、パタゴニアのウェブサイト(Wildsightのページへリンク)では、ジャンボ・バレーの保護に賛同する人の署名も募っているそうです。

『Wild Jumbo』Trailer

『Jumbo Wild』ツアー日程 ※すべて要予約/無料
東京
11月2日(月) 19:00開場/19:30開演

ゲートシティ大崎ホール ゲートシティホール(B1)
(問/予約)パタゴニア東京・ゲートシティ大崎

仙台
11月4日(水)19:00開場/19:30開演

@桜井薬局セントラルホール
(問/予約)パタゴニア仙台

大阪
11月5日(木)20:00開演
@
パタゴニア大阪
(問/予約)パタゴニア大阪

白馬
11月7日(木)19:30開演
@
パタゴニア白馬/アウトレット
(問/予約)
パタゴニア白馬/アウトレット

札幌
12月4日(金)19:30開演
@
パタゴニア札幌北
(問/予約)
パタゴニア札幌北

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Taro Muraishi アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生 編集者、ライター、イベント制作

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧