line_box_head

カスケードデザインを支える2人のアメリカ人がやって来た!!! その①

(2016.11.02)

カルチャーのTOP

icon

 Chris Lowe(クリス・ロー)、Thomas Threlkeld(トーマス・スレルケルド)。ともに、カスケードデザイン社の要職を務めるふたりのアメリカ人が、先日来日した。サーマレストのマットレスにはじまり、プラティパスやシールライン、MSRと破竹の勢いでアウトドア業界の雄となったカスケード流の来し方、そして行く末について聞いてみた。

左がクリス・ロー。サーマレストブランドの営業部長を経て、現、カスケードデザインの営業統括部長に。今回が初来日。シアトルだけに、大の野球ファン。イチローも球場で見たことあるよー、と盛り上がっていました。右がトーマス・スレルケルド。環太平洋/南アメリカ担当のセールスマネージャー。日本、韓国、中国などのアジア諸国はもちろん、オーストラリアからニュージランドにチリまで、世界中を飛び回っている。バイク好きで、アメリカ大陸を縦横無尽に走り回っている。あのデイナ・グリーソンとも仲がよく、ともにロングツーリングに出ることもあるとか

   
Akimama(以下A)……突然ですが、これ、ぼくの3代目です。
Chris & Thomas(以下CおよびT)……Oh!! 懐かしい!!!
C……これ、当時ものすごく注目されたモデルだよ。
T……13年くらい前のやつだ。中のフォームをカットした初めてのモデルで、息を吹き込んで膨らませるタイプの。
サーマレストのパフォーマンスシリーズ。ウルトラライトのロングモデル。フォームをカットした当時の革新的なモデル。自動膨張式のマットながら、補助的に息を吹き込むことでより快適な弾力を得ることができた

A……もう13年も前のモデルなんですね。でも、まったく壊れません。未だに現役。
C……そうなんだよね。サーマレストは耐久性があってとても長持ちする。
T……まだ、72年当時の初代モデルも現役で使えるから。当時のものを3つ持っているけど、まだまだ大丈夫。
A……え、72年のがですか。
C……もう40年以上も前。サーマレストが生まれたときのだよね。
 

庭仕事から生まれたマットレスのアイデア

C……スタートは1972年のこと。このアイデアをつくったのは、カスケードデザインの3人の創始者だよ。ジム・リーとニール・アンダーソン、そしてこの前、社長に就任したデービッドの父親で初代社長のジョン・バローズ。
左は1960年代のジム・リー。右が初代社長のジョン・バローズ。ともに、バリバリのアウトドアマンで登山家だった

T……基本構造はまったく変わってないんだよ。このマットレス。最初はブラス(真鍮)のバルブだったけど。
A……ブラスバルブからはじまって、いまはプラスチック。それ以外の構造には変わりがないということ? でも、40年も経っていたら、いろんな声もあるんじゃないですか?
C……たしかに。カスタマーからは、長いことこのかたちで来ているけれど変えられる部分もあるんじゃないかと言われました。機能的には満足しているけど、デザインの変更とか。だから、その声を受けて、大きく変わった部分もある。最初のモデルから比べれば、もっとセクシーなスタイルになっていると思うよ。

※サーマレストの自動膨張式マットレスは、1972年の発売以来、基本的な構造はまったく変わっていない。とはいえ、軽量化や耐久性の確保、デザイン変更などは幾度も繰り返され、むかしの四角いハードなイメージから現在は丸みを帯びた柔らかいかたちが主流となっている。
 

T……さっきの話じゃないけど、ホント、耐久性にすぐれているから変わらずに使い続けられる。自動膨張というシステムはスゴいよね。
A……このアイデアはどんなきっかけで生まれたのでしょう?
T……この写真、見たことある?
A……あ、サーマレストのカタログによく出てるやつだ。いちばん最初のアイロン(?)ですよね。
カスケードデザインの本社に大切に残されている手づくりの圧着機。これがなければ、セルフインフレータブル式のマットレスは生まれて来なかったはず。まさしく、貴重な産業遺産ともいえる

1 2 3
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot