line_box_head

【戦ってみた】プラティパスをもっとも速く乾かす選手権

(2016.05.16)

道具のTOP

icon

 柔らかなプラスチック製で、不要時は丸めてコンパクトに収納できる「プラティパス」のソフトボトル。キャンプ、山登り、自宅前でのBBQなど、年がら年中愛用しているアイテムなのですが、ひとつだけ毎度毎度思うことがありました。

「押し入れへしまう前に、なんとかもっと早く中を乾かせんもんだろうか」ということ。

 日向に置いてみたり、洗濯ばさみでぶら下げたり、ドライヤーで風を送ってみたり……とカビ防止のためにあれこれ試してきたものの、どの方法も完全乾燥まで数日を要しました。関西人の私は基本的に気が短いので、パっと洗ってシャっと水を切り、ババっと干したらスパっと乾くわ!みたいな方法がないものか、ずっと前から知りたかったわけです。

 そんなとき、先週プラティパス「PLATY™ 2L BOTTLE」をたまたま4つ使う機会が……。

 昨日バックパックの荷ほどきをしながら濡れたままのプラティパスを目にし、これを機会にテストしてみることにしました。

 名付けて「はよ乾かんかい プラティDRYレース」! 今回はその結果をお届けします。

全ボトルに共通するレース条件は以下
■水を2リットル線まで注ぎ、中身を捨て、下向きに10秒キープし水滴を落とす
■口で空気を送り込んでよく膨らませ、内部に空間を持たせる
■洗濯ばさみで吊り下げて、風通しのいい場所で干す

参加選手はコチラ

 干すときは口が上か下かがたまに議論になることもあるほど、上段ふたつはよくあるパターンでしょう。「菜箸イン」は“木をつたって水がよく抜ける”と持論を展開する友人がやっている方法。右下の手ぬぐいバージョンは思いつきですが、水蒸気の逃げ道となる口を塞いでしまったのがどう影響するのか気になります。

 レースは昨日の15時ごろスタート。干した環境は風通しのよい部屋の窓ぎわ。“えこひいき”感のないよう陽のあるうちは15分間隔くらいで定期的に向きも変えました。ぬ〜意外と面倒やわ〜このレース。

 さて、気になる結果は次ページへ!

1 2
 
 
ライター
ふくたきともこ

フリーランスの編集者/ライター。アウトドアやスノーボード関連の専門誌で活動する傍ら、フジロックや朝霧ジャムなど国内の野外フェスの制作にも携わる。好物はビールと明太子。京都出身。twitter「@happy_falls

line_box_foot