line_box_head

【続・戦ってみた】プラティパス早乾き選手権 追加のあの手この手編

(2016.06.03)

道具のTOP

icon


「プラティパス」ソフトボトルの乾燥に頭を悩ませていた人がこんなにもいたのだと実感した前回の記事(それはそれでコワい……イヤ、すごい話です。なんとプラティ愛用者の多いことよ)。

 その後、“そんな辛気臭い方法を使わずとも一瞬で乾く方法があるよ”的な情報も寄せられましたが(後述します)、それよりもまず前回の記事で「毛細管現象は速乾タオルではだめらしい」と調べて書いた自らの情報に「とは言っても、実際に本当にそうなのか」という疑問を抱いていました。

 ここのところ毎日晴天続きだし、実験といってもただ放置しておけばいい話。ついでに天然素材がいいのなら紙とかどうなの? そんなことも頭をもたげ、じつはひとり地味に実験を続けていました。今回は続編としてその結果をお届けします。

 今回戦ったのは4選手。

 前回の覇者である「手ぬぐい&口が上」を筆頭に、「手ぬぐい&口が下」、「速乾タオル」、「ペーパータオル」の4方法です。

 さて気になるレース展開ですが、実験を始めてあっという間に最下位に脱落したのが「速乾タオル」でした。内側の結露が全然取れず、何時間置いても乾燥が進んでいる様子がうかがえません。やはりそうなのか。
なかがモワっとしています
 そして前回最強の乾きっぷりを発揮した手ぬぐいですが、口が上か下かでは「上」に軍配。
両方ともビール柄だとお気付きの人いるでしょうか。集めています

1 2
 
 
ライター
ふくたきともこ

フリーランスの編集者/ライター。アウトドアやスノーボード関連の専門誌で活動する傍ら、フジロックや朝霧ジャムなど国内の野外フェスの制作にも携わる。最近の好きな山は飯豊連峰と伯耆大山、つまみはブリの薫製、音楽はシアトルの音楽ディレクターNick Fransicのラジオ「Quietmusic」。京都出身、一児の母。twitter「@happy_falls

line_box_foot