• アウトドア

【読者プレゼント】世界初となるカリマーの旗艦店「カリマーストア原宿」がついにオープン。「スタイリングサポートサイネージ」がすごい!

2020.04.24 Fri

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、週末の外出自粛、さらには緊急事態宣言……と、私たちの日常生活にも緊迫感が強まっています。また、クライミングジムの休業やアウトドアショップの営業自粛など、社会的な距離感を保つ厳しい指導が続くなか、4月6日(月)にカリマーのフラッグシップストア「karrimor store harajuku(カリマーストア原宿)」が静かにオープンした。

 場所は東京の原宿。アウトドアメーカーのショップがひしめく明治通りから、ほんの数十メートル入った場所だ。「入った」といっても、通りから見ればショップが真正面にあるので、もうほぼ明治通り沿いといえるだろう。

 特筆すべきは、ここが世界初のフラッグシップストアだということ。カリマーの直営店は、ブランド発祥国のイギリスにもないのだという。

カリマーストア原宿ストアは2階にある。左手の階段を登ればすぐ。

 この時期にオープンすることに疑問を持つ人もいるだろう。後ほどまた紹介するが、このカリマーストア原宿は、プレスルームも併設しており、その移転作業もあって、この日にオープンせざるを得なかった。4月4日に予定していたオープン日が6日に変更となり、そして現在は5月6日(水)までの臨時休業に入っている(状況により変更あり)。

カリマーストア原宿(右上)店舗限定として、ブランドロゴをシンプルにあしらったアイテムを販売している。Tシャツ:2色、6,930円(税込)。トートバッグ:3色、5,390円(税込)。ショルダーバッグ3色、3,630円(税込))

 では、臨時休業明けに、この世界初のフラッグショップストアを訪れることを心待ちにしているアウトドアファンのために、一足先に店内の様子を紹介しよう。

 店内ではカリマーが展開している全レーベルのフルラインナップが展開されている。入り口から入って右側には、ライフスタイル・トラベル・ビジネス向けのアイテムを揃える「life(ライフ)」と、遠征登山からトレッキング・ハイキング向けの「explorer(エクスプローラー)」。左側には、昨年秋に新レーベルとしてデビューし、lifeとexplorerのトップレンジとなる、クライミングなど極限を追求するアクティビティのテクニカルライン「ultimate(アルティメイト)」、デザインと機能性、スタイルを追求したファッションレーベル「aspire(アスパイア)」が並ぶ。

 内装デザインは、イギリスのクラシカルな建築物から着想を得たシックな色合いのレンガ調。正面が一面のガラス張りになっていて、グレートーンな店内でも自然光がたくさん入り明るい。夜になると明治通りのネオン、車の往来や人通りも目に入る。
 
 そして、いちばんの目玉は、上記画像の右中段に写っている大型モニター「スタイリングサポートサイネージ」だろう。これは「アクティビティ」と「スタイリング」からタッチ操作で直感的にアイテムを検索できる。

カリマーストア原宿使用する目的が決まっている人は「アクティビティ」がいいだろう。アウトドアショップでアイテムを眺めていても、それがどんなシチュエーションに向いているのか、わかりづらい。しかし、「スタイリングサポートサイネージ」なら、目的とするアクティビティを選べば、かんたんにシチュエーションにマッチするアイテムが並ぶ。クライミングだけでも “ロッククライミング” “アイスクライミング” “アルパインクライミング” と分かれていて芸が細かい。

カリマーストア原宿見た目重視なら「スタイリング」を選ぼう。色やシェイプなど、着用感が一目で確認できる。アイテムページではスペックのほか、オンラインショップへのQRコードも表示される。もし実店舗で売り切れていたら、オンラインショップですぐに購入できるようになっている。

 さらに、カリマーストア原宿オープン記念として、アーティストUyama Hiroto氏がカリマーのために手掛けた楽曲「Extension」を収録したレコードをプレゼントしている。Uyama氏は、あの “Nujabes” の右腕を務めた人物。カリマーと登山が好きで、登っている途中に閃いた楽曲だという。非売品でしかも限定数しか用意されていないのだそう。配布条件はこちら

カリマーストア原宿レコードが聞けない人のために、中にはデジタル音源をダウンロードするためのURLの入っている。両A面で、Segawa Hiroto氏の「Carry More」も収録。

 前述したが、このカリマーストア原宿にはプレスルームも併設している。プレスというのは、ブランドの広報・宣伝担当のことで、撮影用の商品やサンプルなどをメディアに貸し出す窓口。フラッグシップストアというだけあり、この場所をブランド拠点とし、日本から世界へカリマーの魅力あるアイテムが発信されていくようだ。

「カリマーストア原宿はオープンしましたが、4月8日より当面のあいだ臨時休業に入っています。いまは不要不急な外出は控えるのが最優先です。また自由に外出ができるようになりましたら、ぜひご来店ください!」と語ってくれたのはプレス担当の平野 咲さん。

カリマーストア原宿今回、店内の案内をしてくれた平野さん。

カリマーストア原宿プレスルームはこんな感じ。関係者しか立ち入れないので、見られる機会はほとんどないのではないだろうか。ハンガーラックや棚には新作アイテムがずらりと並んでいる。

 そしてなんと! 外出できず山道具を買いに行けない、大好きな山登りに行くことができない、と自宅で悶々とした思いをしている人のために、カリマーの人気リュックサックをプレゼントしてくれるとのこと! オールラウンドに使用できる「stingray 25」と、クライミング用リュックサック「ultimate 22」の2種類、各1個ずつを抽選でプレゼント。詳細は記事下部にて!!

karrimor カリマー stingray スティングレイ 25 ultimate ウルティメイト 22プレゼントアイテム
(左)stingray 25。容量:25L。重量:1,000g。カラー:Black。
(右)ultimate 22。容量:22L。重量:670g。カラー:Rescue Orange。
※詳細は上記アイテム名をクリックした商品ページにて。カラーが急遽変更になる場合もあり。

◆店舗情報
住所:東京都渋谷区神宮前6-16-18 サンドー原宿ビル2F
TEL:03-6712-5660
営業時間:11:00~20:00
※再開後、短縮営業の可能性もあるので要連絡
定休日:不定休
URL:https://www.karrimor.jp/shoplist/karrimor-store-harajuku

<取材日:4月7日(火)>

KARRIMOR

 応募は下記アンケートに答えるだけ。期限は5月31日まで!

 緊急事態宣言が解かれるのは、5月6日(4月24日現在)の予定だが、このリュックサックを背負い、思いっきり山を楽しめる日常を取り戻すために、今はしばしガマンの時。家の近くの自然に目を向け、春の風に吹かれるだけでも、きっと気分がいいはずだ。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧