line_box_head

さわやかな秋晴れにはスラックライン。ただ乗るだけで気持ちがいいってホント?

(2015.10.20)

カルチャーのTOP

icon

slackline1

スラックラインとは、ベルト状のラインの上を綱渡りのごとく歩いて、跳ねて楽しむスポーツのこと。テンションを張ったラインの上で、意識を集中しながら一歩一歩を踏み出してみよう。バランス感覚を磨き、集中力を高めることもできる。専用のラインのほか、木立などラインを固定できる柱状のものが2本あれば、それでOK! 季節を問わず、手軽に楽しめるヨコノリの遊びの世界へ、いざ!!

slackline2

気が置けない仲間たちと楽しむのが、スラックラインの正しい遊び方。みんなでワイワイが正解!!

 スラックラインって見た目は派手だけど、じつはシンプルにも楽しめて、それが本当にラインに“乗るだけ”で気持ちいいってこと知ってますか? 

 サーフィンやスキー、スケートボード、スノーボードというのは、二本脚の動物でないと楽しめないもの。スラックラインも同様で、さらには、体操競技などとはちがって自然のなかに身を置いて楽しむものです。

 生物学的には本来ならニ本脚だけで走ったり、飛んじゃったりするだけでも奇跡なのに、それを自分じゃどうしようもない環境でやってしまおうっていうんだから、人間ってものは……。そもそも、サーフィンのチューブや雪山のクリフドロップなんて到底あり得なかったわけですよね。

 で、いろんな人たちがいわゆる“ヨコノリ”でそれぞれの楽しみを追及してゆくなかで、唯一共通していることがひとつ。

 それは“バランス”。

 むかし、有名なアスリートやレジェンドたちが口を揃えて放つ言葉のうちのひとつに“自由”ということばがありました。個人的には最初はただの現実逃避という言葉と重なっていたけど、じつはこの“バランス”を完全に自分のものにした、というヨコノリの完成体になった(近づいた)というコミットメントのような気がするように思えています。

 ぼくたちがそんな“自由”を手に入れるのはハードルが高すぎるかもしれないけど、最初の入口で気づく“気持ちいい”って感覚は、逆にその瞬間からうまくなるまでしか得られない”ゾーン“なのです。 

 ついでにいうと、その気持ちいい瞬間を体感しているときにでも、体は自然に逃げられようもなく鍛えられているし、これまでに体感したことのない進化が行われているのです。とくに“初めての行動”によって脳内は刺激され、ドーパミンが発生し、興奮状態となり、いわゆる“ハイ”の状態となっていきます。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot