line_box_head

外観、マジヤバイ! オークリーの本社がカッコよすぎて悶え死ねる件

(2013.03.08)

ファッションのTOP

icon

画像

画面中央左の丸いドームがホール。向かって左はデザインや技術開発、マーケティングなどのセクション。向かって右がアイウェアの製造工場。サングラスなどのアイウェアは、そのほとんどがここで製造・出荷されてます

画像02

完全にSF映画のセットのように見えますが、これがOAKLEY本社の正面玄関。なんともゴツくて厳めしいホールは、これまた驚きの世界。ちなみにこの正面玄関内までは、一般人でも自由に立ち入り可能です

画像03

時期や季節、そして気分によって照明も変わります。が、共通しているのはカッコいいこと。こんな灯りで「OAKLEYにようこそ」なんつって出迎えられたら、何があってもOAKLEY信者になっちゃいます

 かつてはモトクロスグリップのメーカーとしてスタート。その後はゴーグルやサングラスに事業を拡大。優れた光学性能とデザイン性でぐいぐいとモータースポーツシーンを牽引。やがてはモータースポーツにとどまらず、野球やゴルフをはじめ、スノーやサーフの世界でもその存在は欠かせないものに。今やトップクラスのアイウェアブランドとしてその地位を築いたのがオークリーだ。

 なんせブランドテーマが「テクノロジーをデザインでラッピングする」というだけに、トップエンドの最新技術をちょ〜〜尖ったデザインでめちゃめちゃクールに仕上げてくるのはご存じの通り。

 そんなOAKLEYってどんなとこかと言えば、ハイどーーーーん! と右の写真参照。

 アメリカはカリフォルニア州。ロサンジェルスの郊外の丘の頂上。広大な敷地に、こんな建物がどかんと据えられているのだ。
じつはOAKLEYの現CEO コリン・バーデン氏はデザイナー出身。社のデザインチームを率いていたこともあるほどで、OAKLEYのデザインエッセンスはバーデン氏のセンスから産み出されたと言ってもいいほど。そして、ここにOAKLEYの本社を建てるとき、社屋をはじめ内装などあらゆるものをデザインしたのがバーデン氏なのだ。

 元デザイナーが現役CEO。そんなメーカーだからこそ、本社ひとつにしてもここまでぶっ飛んだモノになるのか〜。と感心してメインホールに踏み込むと、そこにはさらに驚きの世界が広がっていた!
(次回配信で驚愕の全貌が!)

 マジでOAKLEY、カッコよすぎる!!

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot