line_box_head

【海外】ハンドルネーム「Bushcraft Bear」が楽しむ、森の中でのシンプルなキャンプに寄り添うムービー

(2017.05.30)

カルチャーのTOP

icon

 昼間は汗ばむほどの陽気なのに、日が落ちると肌寒いくらい。まだまだ虫も少ないこの季節は、外遊びにうってつけです。

 というわけで、梅雨までのあいだはキャンプで遊びたいところ。できれば流行のブッシュクラフトで一日中なんやかんやと用事に追われながら、愛用のナイフを振るい、夜にはたき火をしてシンプルな道具で夕食を作り、眠るまでの優雅な時間を満喫したいところですね。

 とはいえ、なかなか思い通りに遊びにも行けないし、夢見てるような森の一日をかなえるのは難しいのが実情です。

 だからというわけではありませんが、こんな動画はいかがでしょうか? 投稿者は「Bushcraft Bear(ブッシュクラフト・ベア)」という男性。無骨なほどにシンプルな道具を使って、森の一日を楽しむ様子を投稿しています。

■Overnight Bushcraft Camp And North American Indian Arts

 そこにあるものをうまく使いながら、シェルターを作り、火をおこす。その装備も楽しみ方も、今の日本で主流になっているものとは異なる点も多く見られますが、画面から立ち上ってくる時間の濃密さにはぐぐぐっと引き込まれます。さらに、動画にはほとんど音声が入りません。故に、静かな静かな時間を共有することが可能。ああ、この人はこのライフスタイルが好きなんだろなぁ〜としみじみしながら、氏と共にたき火の炎を見つめることになるわけです。

 シリーズでは、雪や雨の中でシェルターを作る様子も描かれていますが、つねにうっすらと楽しそうな笑顔を浮かべた表情が印象的です。毛布とナイフと小さなカップだけを持って森に行く。そんな休日を過ごしたくなる動画ですよ。

(アイキャッチなど、画像は上記サイトから引用)

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot