line_box_head

ニューオーリンズ・ジャズ・フェス、現在インターネットラジオでライブ放送中。

(2013.05.04)

カルチャーのTOP

icon

画像

今年は、ビリー・ジョエル、ウィリー・ネルソン、デイブ・マシューズ・バンドなどが出演。

画像02

ダウンタウンからでも、数キロの位置にあるニューオーリンズの競馬場が会場。自転車で向かう人も多い。

 ジャズ、ブルース。ファンク…。そんな音楽が生まれた町ニューオーリンズ。音楽の都として、アメリカ人のみならず、多くの人が憧れる町。

 そんなニューオーリンズで、現在開催されているのが、ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテイジ・フェスティバル。地元ではジャズフェスと呼ばれ、2月のマルディグらとならんで、町を代表する祭りだ。

 現在、インターネットでライブを配信中。ジャズフェスというタイトルではあるけれど、さまざまな音楽がラインナップされている。この日だけのスーパーセッションなどもある。

 アメリカのフェスでは、音楽ファンに対して、さまざまなサービスが提供される。コーチェラやボナルーなどのライブ映像のWEBCASTもそうだし、このインターネットラジオも、音楽ファンの底辺を拡大する大きなきっかけになる。日本のフェスも、こんな「音楽を拡げる」ことをもっと期待したい。

インーネットラジオはコチラでチューンイン!

ニューオーリンズ・ジャズ・フェスの公式HPはコチラ

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot