line_box_head

お待ちかねの“モリパーク アウトドアヴィレッジ”が、ついにオープン!!

(2015.03.12)

アウトドアのTOP

icon

outdoorvillage1

3月13日の金曜日、モリパーク アウトドアヴィレッジ、昭島にオープン!! アウトドアショップがズラリと並ぶ、アウトドア専門の新しいかたちのショッピングパークなり

outdoorvillage2

こちらは、ザ・ノース・フェイスの店舗内の様子。店舗内の壁面には、ヨセミテのモノクロ写真を配し、ノースフェイスの世界を演出。イメージの統一を図っている

outdoorvillage3

総面積21,000㎡という巨大な屋外型複合商業施設に、さまざまなアウトドアブランドの直営店舗が。ディスプレイもブランドそれぞれの色が出ていてオモシロい

outdoorvillage4

場内には、高さ16.5mの巨大なクライミングウォールがそびえ立つ。ワールドカップ・クラスの国際大会にも対応できる、国際競技基準にそったウォールだ

outdoorvillage5

ヴィレッジ内にある方位盤。なんと、マッキンリー、アコンカグア、ヴィンソン・マシフ、コジオスコ、キリマンジャロ、エベレスト、エルブルスと世界七大陸の山名も! この発想がおもしろい。つくった人、えら〜い

 以前、Akimamaでも紹介記事を書いている「モリパーク アウトドアヴィレッジ」が、明日、3月13日、ついにグランドオープンを迎えることに。オープン直前の今日12日、プレス内覧会が行なわれたので、ちょこっと先出し、ヴィレッジ内の様子をお見せしちゃいます。

 場所は、奥多摩エリアの玄関口でもあるJR青梅線の昭島駅。北口から徒歩3分という好立地に出現した、総面積21,000㎡という巨大な屋外型複合商業施設である。

 “アウトドアに特化した”という位置づけだけに、ヴィレッジ内には業界のツワモノブランドがズラリと並んでいる。ザ・ノース・フェイス、コロンビア、モンベル、スノーピーク、キャラバン、エイアンドエフ、マウンテンハードウェア、ジャックウルフスキン、コールマン、サロモンなどなど……飲食やクライミングジムなどを合わせると全部で16ものショップが一同にオープンすることになるのだから、これまたスゴい。

 これだけ並ぶと眺めも壮観。新規オープンなので当然なれど、どのショップも最新のウェア&ギアをディスプレイしているので、ヴィレッジ内をひと回りすればアウトドア用具の“いま”が手に取るように伝わってくる。ブランドごとにつくり出す世界観もちがい、それが店のつくりにも反映されているので、右のショップと左のショップを見比べて歩くだけでも楽しめてしまうのだ。

 また、施設のつくりも細部にまでこだわっており、通路が小さなトレイルになっていたり、ウッドデッキになっていたりと、施設全体でアウトドアの雰囲気を存分に醸し出している。

 そして、特記すべきはヴィレッジのシンボルタワーにもなっている“クライミングウォール”の存在だろう。高さは16.5m。日本選手権はもちろんワールドカップ・クラスの国際大会の開催にも対応可能なホンモノのウォールだ。内覧会では、実際にクライマーがデモストレーションを実施。真っ青な空に向かってスイスイと登っていくさまは、一同、思わず見入ってしまうほどだった。

 さて、実質のオープンは明日の金曜日から。もちろん記念行事も予定されており、13日、14日、15日の3日間を通して「モリパーク アウトドアヴィレジ オープンフェスタ」が開催される。各ショップでのおもてなし企画のほか、クライミングウォールを使ったアトラクション、屋内特設ステージでのトークショー、トヨタのランドクルーザーを使ったオフロード体験イベントなども実施されるとか。

 今後このアウトドアヴィレッジが、そして昭島がどのように変わっていくのか、とても楽しみである。アウトドアのホットなニュースが発信され続ける、奥多摩アウトドアのベースキャンプのような存在になればいいのになと、思う。

 そうそう、場内からは奥多摩の山並みがすぐ近くに見わたせる。今日はちょこっとだけ雪をかぶった山もちらほらと……。ここに来ると、山に行きたくなってしまうのである。

  
 
■モリパーク アウトドアヴィレッジ
MORI PARK Outdoor Village

オープンフェスタ
3月13日 11:00〜20:00(10:40からオープニングセレモニーあり)
14日、15日 10:00〜20:00

通常営業
営業時間 平日:11:00〜20:00/土日祝:10:00〜20:00(※飲食店舗、クライミングジムは店舗により異なる)
定休日:水曜日(※水曜が祝日の場合は、翌日)

所在地:東京都昭島市田中町610-4

アクセス:JR青梅線昭島駅北口下車徒歩3分
東京駅よりJR中央線・青梅線の特別快速利用で約1時間
JR新宿駅より中央線・青梅線の特別快速利用で約40分

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot