line_box_head

【A&F ALL STORIES】テントポールの技術を盛り込んだ、新感覚のアウドドアファニチャー「ヘリノックス」

(2018.05.30)

道具のTOP

icon

「今やネットで検索すると、とてもよく似たかたちの椅子がたくさん出てきますよね」

 A&Fの赤津孝夫会長は、現在の意匠を真似た製品の氾濫を嘆きながら、凛とした姿勢でこう続けた。

「しかし、そのルーツはヘリノックス(Helinox)です。あのかたちの椅子は、ヘリノックスがつくり上げました」

 ヘリノックスは2009年に産声をあげた。快適な座り心地の座面を支えるのは特製のアルミポールと、力学的なムダを徹底して削ぎ落とした樹脂製のジョイントだ。

A&Fで取り扱う「ホーム デコ & ビーチ(HOME DECO & BEACH)」と命名されたライン。従来と同じシルエットながら、座面の色をカラフルにしてパッチを革製にするなど、各所にリビングでの使用にもなじむ「家具」としてのデザインが施されている。

「じつはヘリノックスの母体は『DAC』っていうアルミ製テントポールの会社なんです。世界の多くのテントメーカーにさまざまなタイプのアルミポールを供給してきた、トップシェアのアルミポールメーカー。そのDACの社長・ジェイクさんの息子さんであるヤンさんがアイデアを出して、この椅子ができあがりました」

 今までにA&Fで取り扱ってきた商品は、赤津会長の目に留まったものがほとんどだ。展示会や知人の紹介などを通じ、これは! と思ったブランドには積極的に声をかけてきた。

「けれどヘリノックスに関しては逆でした。ヤンさんはDACから独立してヘリノックスを起ち上げたんですが、A&Fのことをとてもよく知っててくれたんです。どんな商品を扱っていて、どんな雰囲気の会社なのか。そうしたことをとてもよく理解したうえで声をかけてくれました。もちろんぼくもDACのことはよく知っていました。うちで扱ってるヒルバーグ(HILLEBERG)にもアルミポールの供給をしてくれています。その分野では、まちがいなく世界のトップブランドですからね」

ヘリノックスの若き社長・ヤン氏。彼のアウトドアセンスが製品づくりには大きな影響を与えている。写真はヘリノックスのメインオフィス。デザインと機能性のバランスがみごとにとれた、アイデアファクトリーだ。

 赤津会長は、DACについて話し始めたら、終わりがないくらいですよと楽しそうに笑う。

 一例を挙げるなら、DACが扱ってるアルミポールはすべて自社生産。なかでも「TH72M」と名付けられたアルミ合金は「グリーン・アノダイズド」と呼ばれる、アルミ酸化皮膜を施すうえで避けて通れなかった高い環境負荷を、限りなくゼロに抑える加工方法でつくり上げられている。

「パーツメーカーが環境に気を使って、ちゃんと実現している。彼らの熱意と技術は本物だと思いましたね」

 このDACの技術力を応用したのがヘリノックスだったのだ。


テントポールには耐久性を向上させるためには「アノダイズド処理」と呼ばれる酸化被膜を生成する工程が欠かせない。しかし、その加工途中において多くの酸性物質を発生させてしまい、環境に大きな負荷をかけていた。DACでは素材だけでなく、加工機械まで自社で独自に開発。酸性物質の発生を徹底して抑え込むことに成功している。世界中を探しても、これほど環境負荷を抑えた酸化皮膜処理はほかにない。故に、その製品は「グリーン・アノダイズド」として高く評価されている。ヘリノックスのアルミパーツは、すべてこの「グリーン・アノダイズド」処理でつくられている。

1 2
 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot