line_box_head

ミステリーランチが気になるなら、まずは『BOP』はどうでしょう?

(2018.02.19)

道具のTOP

icon

 ミステリーランチの記事が上がっているので便乗して、ミニショルダーバッグのBOPを紹介。気になってはいるが、ミステリーランチは高そうだし、重そうだしと思っている方には手始めに使ってみるのにピッタリな商品だと思う。実際に大きさの割には若干重めだが、細部へのこだわりや素材選びが使いやすさに直結していると思う。ボクが買ったのは2013年で、インターナショナルタグ時代のBOP。現行品とは若干異なるがご了承を。

 手のひらサイズのバッグだが、オフィシャルの数字だと容量2リットルで200グラム。流行りのサコッシュなどは何十グラムの世界なので重めだ。そのぶん生地が丈夫で厚いコーデュラ500デニール、ライナーもあるのでコシがあり、入れた荷物が取り出しやすい。ちょっとしたお出かけ程度なら、ストレス無く荷物が取り出せるのは快適だ。

 フロントには定期券などの収納に便利な薄型ベルクロのポケット。薄型と言いつつマチでかなり膨らむ。裏側にはワッペンなどを貼るベルクロとYKK止水ジッパーのポケット。メイン気室にもYKK止水ジッパーが使われている。中はナイロンライナーが貼られ、間仕切りには芯材が入っている。ココにもマチがあり、見た目以上に膨らむ。

 ボクの使い方は、フロントの薄型ポケットに交通系ICカードやお金、後ろポケットにイヤホン、メイン気室にスマートフォン・ノート・ペン・カギかモバイルバッテリーを入れて丁度良いサイズ感だ。

 プラッと街や低山をのんびり歩く時にはこのBOPを使うことが多い。キツイ登山時は、以前紹介した軽量で容量も多いPAAGO WORKSの『SWING』と使い分けている。

『BOP』が気になる方は、説明動画を撮影したので、チェックしてみて!

 
 
ライター
森 勝

低山小道具研究家。元アクセサリーデザイナー。発明コンテストで賞金10万円を獲得した経験もあるギア好き。ブログは自転車とアウトドアライフ(遊び)

line_box_foot