line_box_head

【月曜読プレ】シートゥサミットから待望のリリース!「アルファクックセット」の3モデルをプレゼント!

(2019.01.14)

道具のTOP

icon

 今春は毎週月曜日に週替わりで商品を紹介し、その商品を抽選でプレゼントする企画、題して「月曜読プレ」を実施します。応募方法は、アンケートへの回答のみ。みなさんの貴重な声は、Akimamaの企画・運営に活用させていただきます。ご応募お待ちしています!
 


 
 およそ1年前の展示会で発表され、話題となったシートゥサミットのクッカーが満を持して日本に上陸。2018年12月から販売が開始された。

 新しく登場したのは、中容量ポットを軸に展開される「アルファシリーズ」。1.2〜3.7ℓのサイズで展開されるポットと、8インチと10インチのフライパン、ポットにぴったり収まる軽量ボウルとマグで構成されている。

 ポット、フライパン、ボウル、マグは単品でも購入できるが、収まりのよい組み合わせでセットも展開されている。

 ポットは1.2ℓ、1.9ℓ、2.7ℓ、3.7ℓの4サイズが用意され、それぞれのポットはワンサイズ上のポットの中にぴったり収納できる。ここで注目したいのが、アルファシリーズのポットが「ひとつのポットにひとつの蓋を装備している」ことだ。

 どういうわけか世のグループ用クッカーには、ポットが2つ装備されていても蓋が1つしかないことがある。こんなセットで調理するのはストレスが多い。2つのポットで並行して調理するとき、蓋がひとつしかなければ、ポットのひとつは蓋を使えない。

 グループ用のクッカーは大ぶりだ。蓋をできなければ、燃料と水分を浪費しながら調理することになる。また、蓋がひとつだと2つのポットで同時に炊飯するといったこともできない。どう考えても、2つのクッカーには2つの蓋が必要だ。

 その点でアルファシリーズは「蓋つきのポット」を軸にしているので、調理の際に無理がない。パスタとソース、米飯とスープといった組み合わせでもスマートに調理でき、2つのポットで同時に炊飯も可能だ。

 また、ポットのサイズ展開が幅広いので、組み合わせによってソロから5、6人のグループまで自由に拡張できるのもうれしい。

 それでは、2つのポットとそれぞれ4つのボウルとマグがセットになった「アルファクックセット4.2」を見本に細部を見ていこう。

 いちばん特徴的なのは水平方向へ反転させるハンドルの収納方法だ。収納時には蓋を上部からしっかりと押さえ、使用時には横方向へとスライドさせてからロックをかける。この機構はすべてのサイズのポットに共通する。ロック部への収まり部分で鋼線の径を変えることでガタつきを無くしている。

サイドにはオンスとリットルで容量を表記。蓋の裏には、ポットのヘリに蓋をかけるためのシリコンの突起も装備。

 2.7ℓポットにぴったり収まるのは、4つのボウルとインサルマグ。マグにはネオプレン製の保温カバーとシリコンの蓋が付属し、内容物と外気を遮断する。色分けのされたボウルは BPAフリーのガラス補強ポリプロピレン製。

洗ったあとの拭き上げに使うことができ、2つのポットの緩衝材にもなるディッシュクロスとスタッフザックが付属する(ディッシュクロスはポットを2つ装備するセットに付属」)。

 アルファシリーズはポットひとつから購入できるが、あらかじめ用意されたセットはスタッキング性能が高い。使用の条件に合わせてアルファクックセットの各サイズにポットやフライパンを追加すれば、より使いやすくなるだろう。

 今回、正規輸入代理店のロストアローから提供を受けたのは、「アルファクックセット4.2」、「アルファクックセット2.1」、「アルファクックセット1.1」の3モデル。それぞれの構成内容は以下のとおり。ご自身のスタイルに合わせて選出を!

アルファクックセット4.2
¥13,000+税

アルファポット2.7ℓ 1個
アルファポット3.7ℓ 1個
デルタライトボウル 4個
デルタライトインサルマグ 4個
ディッシュクロス 1枚
重量:1,220g

アルファクックセット2.1
¥6,500+税

アルファポット1.9ℓ 1個
デルタライトボウル4 1個
デルタライトボウル3 1個
デルタライトインサルマグ 2個
重量:520g

アルファクックセット1.1
¥5,000+税

アルファポット1.2ℓ 1個
デルタライトボウル5 1個
デルタライトインサルマグ 1個
重量:330g

【応募要項】
応募方法:下記のアンケートフォームにご回答ください。
応募期間:2019年1月14日~1月21日
当選連絡:応募期間終了後、一両日中に当選者にのみメールにてご連絡します。

終了いたしました。

 
 
ライター
藤原祥弘

野生食材の採集と活用、生活技術につながる野外活動などを中心に執筆とワークショップを展開。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot