• ごはん

外遊び好きのカフェ店長の「ものぐさオトコの山ごはん⑩」日帰り登山でも作りたい時短鍋、そして…

2016.12.08 Thu

A-suke

A-suke BASE CAMP 店長

「BASE CAMP」は、東京・水道橋にある
アウトドアをコンセプトにしたカフェ&バー。
店長のA-sukeさんがAkimamaで
コンビニ食材を使った“超ものぐさ”な山ごはんをご紹介。
ついにあのおなじみ食材が姿を消してしまうのか!?

 ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはんを買う人も多いと思うんだけど、やっぱり温かい食事を食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。

 とくにこれからの季節は冷たいおにぎりより温かい食事がイイよね。

 連載10回目もいつもどおりコンビニおにぎりを使ったレシピをご紹介したかったのですが……。

 今回はちょっと趣向を変え、コンビニのインスタント味噌汁&缶詰で簡単に鍋を作ります。

 題して「簡単コンビニ石狩鍋」!

 用意するのはコチラ。今回は2人分です。
 インスタント味噌汁2人分(味は「ネギ」がオススメですが、ある程度何でもおいしいですよ)と、コンビニでも売ってる店舗も結構ある野菜炒め用カット野菜と、バター。それから鮭の缶詰。

 バターの持ち運びは100円ショップで売ってる化粧品用のクリームケースが便利。
 まずは鍋にお湯を300㏄ほど沸かしてインスタント味噌汁を入れます。
 で、カット野菜を入れて中火で煮込みます。
 野菜がクタッとしたら鮭缶を全部入れて、温かくなったら最後にバターを落としてかき混ぜたら完成です。
 いや、普通においしい! カラダも温まるし、山の鍋はいいですよ。

 で、食べ終わっちゃったら汁が残りますよね。やっぱり雑炊とかしたいじゃないですか。
 あ! こんなときにアイツがいれば……。

 ん?

 材料を振り返ってみると……。
 いました! やっぱり今回もおにぎりです(笑)。もちろんサトウのごはん的なモノでもOKですが。

 鮭おにぎりにすれば具が入っております! 今回は具だくさんな贅沢鮭おにぎりです。
 先ほどの鍋の残りにおにぎりを入れて、かき混ぜながら加熱して温かくなれば完成です。
 のりは味わい的にはOKですが、見た目的に危ういですね……。

 これも追加で“追いバター”するとさらにおいしいですよ!
 このレシピ、じつは最後の雑炊だけでも簡単に作れます。用意するのは鮭おにぎりとインスタント味噌汁とバター。
 作り方はインスタント味噌汁作っておにぎり入れるて温めてバター入れるだけ。少し質素ですがこれだけでもおいしいですよ。お湯の代わりに牛乳や投入で作ってもおいしい!

 次回も冬にピッタリな温かいおにぎりレシピをお届けします!! お楽しみに!
(文=BASE CAMP A-suke)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧