line_box_head

実力派食材サラダチキンで作るサムゲタン風スピードレシピ!「ものぐさおとこの山ごはん㉕」

(2018.03.16)

ごはんのTOP

icon

みなさん、こんにちは。「BASE CAMP」のA-sukeです。
ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはん買う人も多いと思うんだけど、温かい食事を山で食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。

 今日使うのはローソンの「ほぐしサラダチキン」と、「もち麦入りおにぎり枝豆と塩昆布」。

 正直サラダチキンはどのコンビニのものでもいいし、おにぎりもほかにも合うものもあると思うので近くのコンビニへ行ってみよう。
 今回作るのは「サムゲタン風雑炊」。サムゲタンって韓国料理のひとつで、鶏肉と漢方やもち米、クルミや松の実、にんにくなどを入れて煮込んだ料理のこと。

 調味料とのセットは以下の通り。

 ネギは近所のコンビニで刻みネギが売り切れていたので自分で切ったものですがご勘弁を。まぁ、ネギとかクコの実とかはなけりゃないでなんとかなります。
 鶏がらスープはスティック型が山には便利。
 さて、作り方は以下の通り。

 まずは水を50㏄ほど汲んでにんにく、しょうがのチューブを5㎝程度と鶏がらスープとクコの実を4個ほど入れて沸騰させます。
 沸騰したらサラダチキンとネギを投入。
 よくほぐして、もう一回沸騰するぐらいになったらおにぎりを入れて……。
 さらによくほぐしたら、コショウとゴマ油を垂らして完成です!
 シェラカップに盛るとこんな感じ。
 鶏肉の量が多いのでおにぎり一個でもかなりのボリューム。枝豆やもち麦のプチプチ感がおいしいですね。水分量はもっと多くしてスープっぽく食べてもいいし、水分少なくしてリゾット風でもOK。サムゲタン風になる決め手は困るくらいに効かせたにんにくとしょうがで、薬膳的な味わいが体を温かくしてくれる優しいおいしさです。

 サラダチキンはかなり使える食材だから、これからも登場回数増えるかも!?

 来月もこうご期待!
(文・写真=BASE CAMP A-suke)

 
 
ライター
A-suke

アウトドアをコンセプトにした東京水道橋のカフェ「BASE CAMP」店長。 アウトドア料理関連の仕事の他にもワークショップ、グッズの企画/デザイン、イベント出典など、活動は多岐。ハンティングやフライフィッシングなど狩猟採集にも精通し、食とアウトドアを結ぶさまざまな遊びを提案中!http://www.cafe-basecamp.com/

line_box_foot