• 道具

ふわり、浮くようなかけ心地…。国産ブランド・FLOATの新作「RIGEL」

2020.04.07 Tue

「コストパフォーマンス」の中国・深圳・東莞エリア、「デザイン」のイタリア・ベッルーノと並び、「高い技術力に基づく品質」で世界の三大眼鏡生産地に数えられる、福井県鯖江。そんな鯖江生まれの眼鏡ブランドのひとつがFLOATだ。

 FLOATのルーツは老眼鏡。眼鏡をかけることに慣れない人たちに向け、違和感を少しでも取り除くため開発された「丁番レス」。この新機構がもたらす軽やかな着用感が、そのブランド名の由来となっている。

 そんなFLOATがリリースする、OUTDOORシリーズの新作のサングラスが「RIGEL」。同ブランドの定番フレームデザインである「ボストン」をベースに、顔なじみのよいほどよい大きさに仕上げている。
左がノーマルレンズで、右がFLOATのすべてのモデルに採用している偏光レンズ。乱反射光を通さない偏光機能は視界をクリアにするだけでなく、目の疲れを抑える。ARコーティングをレンズの裏側に施すことで、隙間から入る日差しによる内部反射を軽減している。フランスのマテリアルメーカーが開発した特殊樹脂をテンプルに採用。軽いかけ心地で、頭を締め付けることなく、ずれることもない絶妙なフィッティング。また、パッドには振動吸収性をもたせ、フィット感を高めている。
 FLOATならではの、視界をクリアにし、目の疲れを軽減するARコーティングを施し、紫外線を99.9%カットするポリカーボネイト製レンズを使用、ライトグリーンレンズにはブラックフレームを、ブラウンレンズにはマットブラックを合わせている。

 クラシカルなデザインはアウトドアはもちろん普段使いにもフィット、さりげなく、軽やかな、注目の新商品。
 

FLOAT/RIGEL
13,728円(税込)
レンズサイズ:50×41mm
重量:27g
カラー:ブラック(ライトグリーンレンズ:透過率28%、マットブラック(ブラウンレンズ:透過率15%)
フレーム素材:プラスチック(TR90)
テンプル素材:超軽量弾性樹脂
レンズ素材:ポリカーボネート
付属品:ケース

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント