line_box_head

オークリー本社ではホンモノの戦車が走り回っている、というウワサ!

(2013.03.24)

ファッションのTOP

icon

オークリー 戦車1

その正体は8人乗りの歩兵戦闘車。民間企業がこれを持っている、ということに驚く

オークリー 戦車2

平和なカリフォルニアの午後に、キャタピラがうなりをあげる。もはやどこからツッコんでいいのか分からない風景

オークリー 戦車3

OAKLEYの敷地の外れでデモンストレーション。向かう先にあるクルマの屋根がへこんでいるように見えるのは気のせいか?

 サングラスブランドのオークリーの本社がカッコよすぎて悶え死ねる件シリーズ【その5】
 
 関係者によると、「OAKLEYに行くと戦車に乗れる」というウワサがある。時にOAKLEYと契約するアスリートが、戦車に乗ってポートレイトを撮っていることがある。その戦車こそがOAKLEYの究極にまでやりすぎな社用車。水陸両用の歩兵戦闘車「BMP-1」なのだ。

 歩兵8名を乗せて敵の放火をかいくぐり、作戦を遂行するこのミリタリーな乗り物が、なんとOAKLEYの敷地内を走り回っている。もちろん走っているのは敷地内だけだし、銃砲類はすべて使えないようにしてある。
 とは言え取引先に訪ねていったら裏庭に戦車があって、担当部長がちょっと乗ってみますか?って聞いてくる。そんなシュールな事態がここではホントに起こってるのだ!

 出動するのはイベント時。あるいはOAKLEYの本社見学など、外からの大事なお客さんに楽しんでもらうなど平和目的に使用。そのため、いかにも!という本格的な戦車ではなく、たくさんの人が乗れる兵員輸送車を選んだという。このあたり、ただ話題作りやインパクトだけで車種選定していない。しっかり使い途と道具の特性とをマッチさせているのだ。

 もちろんこれはプロモーション用。ではあるが、一企業が戦闘車を保有している。おそらくデザイナーたちは穴が開くほど細かく観察し、その機能優先の造りから新たなデザインインスピレーションを受け取っていることだろう。次の製品作りに繋がるのなら、ホンモノの戦闘車一台くらい買おうじゃないか。そういう決定をしてしまうあたり、あまりにぶっ飛びすぎててOAKLEY、マジヤバイ。

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot