• 道具

【レビュー&読者プレゼント】ノコギリをもっと気軽に、扱いやすく。フェデカ「ブッシュクラフトソー」

2021.05.17 Mon

 先日Akimamaでも紹介した、ハンドル部を自分で削って作るナイフキット「It's My Knife」のブランド、フェデカ(FEDECA)から、Akimama読者へのプレゼントをご提供いただきました。今回は、フェデカの「ブッシュクラフトソー」というノコギリを抽選で1名さまにプレゼントします。

 まずは製品の特徴を紹介します。使い勝手なども実際お外に持ち出してレビューしましたので、ご一読の上ご応募ください。

 さて、ブッシュクラフトソーという製品ですが、コンセプトは「初心者でも扱いやすいブッシュクラフト用ノコギリ」。ブッシュクラフトという言葉の定義や思想にこだわる方には「???」とやや引っかかるかもしれませんが、まぁそこはさて置き。

 全体的な形状としては西洋鋸のようなプルハンドル型。金切鋸のようにブレード(刃)を固定するフレームがある弦掛け方式が採用されているので、ブレードが曲がらずまっすぐストロークできるそうです。これならお子さんや女性の方でも扱いやすいはず。

 フレームはアルミダイキャストでマットブラック塗装仕上げ、ハンドル部にはウォルナットをあしらってあり、見た目はかなりスタイリッシュ。焚き火道具の中にこいつがあるだけでかなり絵になるでしょう。

 さて、現場で実際に落ち枝や角材を切ってみました。


 洋ノコですので、引き切りより押し切りの要領でストロークした方がスムーズです。切れ味はかなりいいです。

 使用されている国産ブレードは、鋼を衝撃的に加熱したあと、急速に冷却する“衝撃焼入れ”を施したもので最高の切れ味と長切れを実現。独自のメッキコーティングで錆びにくくお手入れも簡単なようです。やはりこのあたりにフェデカの地元である刃物の町「播州三木」のプライドが感じられます。

 ちなみに形状を見てお分かりかと思いますが、刃からフレームまでの高さまでしか切り進めませんので、太い丸太などは切れません。木を回転させて反対側から切ることで倍の厚みまでは対応できますが、基本的には落ち枝などを細かく切って使うというところからブッシュクラフトという名前を冠したのでしょう。本気でブッシュクラフトを追求している人向けというよりは、キャンプにブッシュクラフト的要素を取り入れて楽しむという方にオススメです。またノコギリの扱いに慣れていないお子さんに落ち枝切りのお手伝いをさせるときなんかにはぴったりかもです。

 ブレードを保護する簡易的なカバーが付属していますが、別売でヌメ革製のレザーケースが用意されています。今回はなんとこのレザーケースも一緒にプレゼント! ヌメ革ですので、使い込むほどに味が出てきます。ぜひケースの経年変化もお楽しみください。

【製品仕様】
製品名 ブッシュクラフトソー
価格 5,280円(税込)
用途 木材用のこぎり
サイズ
 全長:340㎜
 刃長:264㎜
 刃のピッチ:2.8㎜
 板厚:0.9㎜
 切り幅:約1.3㎜
素材
 ボディ:アルミダイキャスト
 柄:ウォルナット

別売専用レザーケース 4,290円(税込)


 さて「ブッシュクラフトソー」の応募方法ですが、Akimamaのインスタグラムをフォローした状態で下記の必要事項を入力して送信するだけ。当選者は1名さま。応募期限は5月30日(日)まで。どしどしご応募お待ちしております。

Akimama Instagram:@akimama_outdoor

終了いたしました。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント