line_box_head

はじめの1本にして最後の1本。 実用ナイフの雄「モーラナイフ」が本格上陸!

(2015.04.13)

道具のTOP

icon

モーラ・ナイフ

形状、刃の厚み、鋼材、カラーなど幅広いラインナップが用意されている

ヘビーデューテイー

コンパニオン ヘビーデューティー MG(¥2,400)。刃長104㎜、刃厚3.2㎜、カーボンスチール。切れ味鋭いカーボンスチールの刃をもつ大定番。ぶ厚くタフな刃は薪づくりなどで活躍

コンパニオン

コンパニオン オレンジ(¥1,900)。刃長103㎜、刃厚2.5㎜、ステンレススチール。海辺で使う人、無精な人には錆びづらくメンテナンスが楽なステンレスがおすすめ。ビビッドなカラーのものは野外でも目立ち、無くしづらい

モーラ・ナイフ

野外でのオールラウンダーとして活躍するコンパニオン。濡れてもひと拭きで火花を飛ばせるストライカー(マグネシウムの火打石)と一緒に装備しておくと便利。ケースの先端には水抜き用の穴が空いており、火吹竹の代わりとしても使える

画像05

峰側をグラインダーで鋭角に研削したアレンジ例。魚の鱗を刃でひくと刃先がすぐに鈍るため峰側で鱗をひけるようにした。ストライカーの火花も楽に飛ばせる。自身の使い方に合わせて気軽に加工できるのも魅力

 野外活動を生業としていて、よくアウトドア入門者に聞かれるのが「はじめて買うナイフは、どれがいいですか?」という質問。

 その人の使い方を聞いて、用途に合ったナイフをおすすめするのですが、最初の条件に加えて「刃物の使い方、研ぎ方を学べるもの」という条件が加われば答えは一択、最近は「モーラ・ナイフ」をおすすめしています。

「モーラ・ナイフ」はスウェーデンの刃物の産地であるモーラー地方に本拠をおくナイフメーカー。海外ではブッシュクラフト(林間でのサバイバル的野外活動)を楽しむ人や、林業従者に愛用する人が多く、スウェーデン王室御用達の認定を受けている名門でもあります。

 日本には正規代理店がなかったことから「知る人ぞ知る」といった存在で、入手するには個人輸入品をネット経由で購入するほかありませんでしたが、昨年から正規代理店による輸入が開始され、大手アウトドア用品店などで入手できるようになりました。

 驚くべきは、その切れ味と価格。研ぎあげれば産毛も剃れるほどの刃がしっかりとつき、刃持ちも十分。しかも刃渡り10㎝ほどの一般的なモデルの価格は2000円前後!

 野外でラフに使って、刃先が鈍ったらその都度研ぎなおすといった使いかたにぴったりのユーティリティーナイフで、キャンプや野外活動の愛好家には「野山に1本だけナイフを携えるなら、モーラ」という人も多くいます。

 あまりに高価な道具は、出し惜しんでしまって本気で使えなかったり、仕舞い込んでしまいがちですが、モーラ・ナイフは野外でガンガン使える価格帯で、かつ高価なナイフと遜色のない切れ味を持っています。

 多くのモデルで切れ味に優れるカーボンスチールと耐蝕性の高いステンレスの2種が用意されており、用途とフィールドに合わせて選ぶことができます。

 ナイフの使い方を学びたい入門者から、野山に長期間分け入るヘビーユーザーまで納得できるモーラ・ナイフ。ナイフを実用品として使う人にこそおすすめです!

 

 

■モーラ・ナイフ ジャパン
http://morakniv.jp/

モーラ・ナイフ正規代理店
株式会社アンプラージュインターナショナル
http://www.uneplage.net/

 
 
ライター
藤原祥弘

野生食材の採集と活用、生活技術につながる野外活動などを中心に執筆とワークショップを展開。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot