line_box_head

サングラスのオークリー本社がカッコよすぎて悶え死ねる件 その3 【受付のシートが戦闘機のあれ】

(2013.03.17)

ファッションのTOP

icon

OAKLEY ENTRANCE CHAIR

想像してみてほしい。前々回紹介した外観の本社に入ると、前回紹介したホールがあり、受付前にはこのシートが4脚。もう、やばすぎるしカッコよすぎる。シートのあちこちには「脱出時以外は引くな!」的注意書きも残されている

OAKLEY PANEL

ヒーローもの映画の秘密基地にある、世界中の支部の位置を示した地図、にしか見えないマップ。要所要所に圧力計のようなメーターがつけられている

OAKLEY JAPAN

日本のメーターにはOAKLEY JAPANの文字が。って、よく見ると時計なのだ。つまり、世界中のOAKLEYの支社の時間が分かるしくみ。それをここまでタクティカルに仕上げてしまうのが、OAKLEYクォリティー

 オークリー(OAKLEY)のデザインにはさまざまなエッセンスが詰め込まれている。

 宇宙船やロボットを思わせる、SF映画のような近未来感。最新技術を惜しげもなく投入する、探査基地や宇宙開発に通じるテクノロジー感。そして、高い技術を極限状態で安定して使える、軍用技術にも似た信頼感。こういったフレイバーを製品にいかしているブランドだからこそ、未来、テクノロジー、軍用といった男子のマインドをがんがんくすぐってくる、あの独特のにおいが沸き立ってくるのだ。

 ってわけでもないだろうけど。OAKLEYにやってきて受付を済ませると、そちらにかけてお待ちください、になるわけだが。そのイスが、もう男子であればガチーンとテンション上がりまくり。なんと機種は不明だけどどうやら戦闘機の座席。しかもパイロットが座る射出シートなのだ!

 ちなみに、筆者はこの4脚すべてに座ったことがある。それこそ震える思いでうっとりしつつ、かなりの緊張感と喜びをもって腰を下ろしたことがある。で、正直に言えば、座り心地は決して良くはない。なにしろ余分なモノがはぎ取ってあるため、クッション性はゼロ。しかもあちこちに金具やらパーツやらが残されているため、いろいろ身体に当たって痛い。が、ここに座って射出用のレバーをカチャカチャ操作しながらホール全体を眺める。OAKLEYファンにとっては、まさに至福にして至高。これがOAKLEYかと神髄に触れた心地に浸り、得も言われぬ重厚感に包まれて、さながら本殿参拝の気分になれるのだ。

 残念ながらこのシート、一応は社用で訪れた人に用意されているもの。OAKLEY本社に行けば座れる、というわけではないことはご承知いただきたい。

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot