line_box_head

【短期集中企画】MERRELL アークティック・グリップ インプレッション 〜その1 北信豪雪ライフ 編〜

(2017.01.20)

ファッションのTOP

icon

濡れた氷の上でも滑りにくいと評判の「アークティック・グリップ」。この特殊なソールを採用したMERRELLの新作ウィンターシューズ「MOAB FST ICE+ THERMO(モアブ FST アイスプラス サーモ)」と「AURORA 6 ICE+ WATERPROOF(オーロラ 6 アイスプラス ウォータープルーフ)」をアウトドアライターが、日常生活からフィールドまで徹底して履きこんできました。そのインプレッションをお届けする短期集中連載。まずは長野県の豪雪エリアから、森山伸也さんの雪国リアルライフレポートです。

 

【ARCTIC GRIP IMPRESSION 1】
——豪雪ライターがインプレッション——
最新スノーシューズのテクノロジーをおばあちゃんのゴム長にみた!

 

 ちわっす、アウトドアライターの森山伸也です。長野県最北部の山村に引っ越して5回目の冬がやってきました。ここは日本屈指の豪雪地。最寄りの森宮野原駅では、かつて積雪7m85cmを記録したことも!

こんなところに人って住めるんですね! 人間ってすごい。雪もすごい。夏にかけてゆっくり溶け、大地を潤し、美しい森を育て、おいしい山菜や農作物を育てるんですから

 

 こんな豪雪地に住んでいる僕が考えるサイコーのスノーシューズ。その条件は4つあります。

《その1》防水仕様である
 家の前の道路は雪をとかす沢水が川のように流れています。なので防水メンブレンが内蔵されたモデル、あるいは長靴のようなゴム製の履き物でなければなりません。融雪水は雪国生活者にとってありがたい存在。だが冷え込んだ朝は氷となって牙をむく

《その2》内側がふかふかと温かい
 これはいわずもがなですね。ライナーにインサレーションを装備した保温力の高いシューズが望ましいです。毎朝、こんなふうに雪かきに追われるのですから。向かいにひとりで住むおばあちゃん、キシちゃんが雪をかく。雪に閉じ込められる村人にとってじつにいい運動だ。残念ながらこれは一昨年の写真。去年と今年は雪が少ない! 生活者としては嬉しいが、スキーヤーとしては文句大アリだ

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot