line_box_head

「今までどおり、かかと着地でいいよ」Tevaから球体ヒール採用のシューズ『TevaSphere』デビュー

(2013.03.28)

道具のTOP

icon

TEVASPHERE_SPEED_Men's_GREY

「球体ヒール」と「ポッドアーチシステム」のおかげで、ヒール着地のショックを衝撃ではなく、推進力へと変換!

 タイムアップなどの記録はもちろん、より気持ち良く走ることが求められるランニングの世界。ここではかかと着地「ヒールストライク」を避け、つま先から着地する「フォアフット」への変更がブームだ。なぜならヒールストライクは一歩ごとにブレーキをかけながら走ることになるため、かかとやひざへの負担が大きい。長い年数、速く走るためには、かかとやひざを痛めないようにしたい。しかしフォアフットへの走法変更は筋力や的確なコーチングを必要とし、ものぐさランナーや走ることを純粋に趣味として楽しむ層には敷居が高かった。

 そこに福音がもたらされたのだ。
「かかとで着地しなさい。生まれてきてからずっと、歩くときも走るときもそうしてきたのです。今までどおりに走りなさい」
と。

 アウトドアシューズブランドの「Teva®(テバ)」はこう考えた「変えるべきは走り方ではなく、シューズのほうだ」と。そうして3月15日、ついにリリースされたのが『TevaSphere(テバスフィア)』だ。

「TevaSphere 」は独自の「球体ヒール」と、ソール全体をゆりかごの足のような逆アーチ形状にしあげる「ポッドアーチシステム」を採用。着地した際の衝撃を吸収ではなく、推進力として受け流すよう作られている。これによってかかと着地をしながらも、ボールが転がるようなスムースな体重移動を実現。結果として、人間にとっていちばんなじんできた着地方法のまま、身体に負担をかけず、パワーをロスせず、これまで以上に走ることを楽しめるようになった。

 実際、ランニングモデルの「TevaSphere Speed」で走ってみると、足は車輪になったかのようにくるくると前に出てゆき、『軽快』という言葉がピッタリ。従来の厚いヒールクッションを持ったシューズで走ることがどれだけブレーキをかけながら、つまり足首やひざに負担を強いながら走っていたかを痛感することになる。

 さらに「TevaSphere」の特性は、脚にいっそうの負担がかかる下り坂でも効果的に働くことも証明されている。というわけで、この軽さをトレイルにも取り入れるべく、「eVent」を採用した防水モデルも同時ラインナップとなった。

 余計な努力もパワーも必要とせず、シューズを変えるだけ。人間の自然な動作をサポートしながら、これまで以上にランニングを楽しめる。これがランナーにとって福音じゃなかったら、いったい何が福音なんだ?

 

 

■TevaSphere Speed
[テバスフィア スピード]
軽快な走りを実現した、スピードモデル

Men‘s:25.0cm - 30.0cm ¥14,490

 

Women’s:22.0cm - 26.0cm ¥14,490

■TevaSphere Trail eVent(防水機能搭載)
[テバスフィア トレイル イーベント]
防水機能を備えて、トレイルランニングにも対応


Men‘s:25.0cm - 30.0cm ¥16,590

 


Women’s  :22.0cm - 26.0cm ¥15,540

 

【TevaSphere(テバスフィア)誕生の秘密】

 

 

【お問い合わせ】
デッカーズジャパン ☎03-5413-6554 http://jp.teva.com
公式Facebookページ http://www.facebook.com/Teva

 

About Teva/Teva®(テバ)は1984年、グランドキャニオンの1人の若きリバーガイドが、世界で初めてストラップ付サンダルを開発したことから誕生したアウトドアブラントです。

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot