line_box_head

マニアも絶対に知らない!? お得過ぎるフジロックマル秘テクニック

(2015.04.20)

フェスのTOP

icon

01

夏の風物詩「FUJI ROCK FESTIVAL」も今年で19回目。毎年様々なドラマが生まれる、音楽好きの聖地だ

02

メインステージ「GREEN STAGE」は約4万人のオーディエンスを収容。今年の目玉は世界最大級フェス「グラストンベリー」でもヘッドライナーを務める「FOO FIGHTERS」

03

音楽だけではなく、食事や買い物などのオプションも充実している

04

会場に点在するさまざまなステージ。森林にある「木道亭」はもっともアーティスとの距離が近いステージだ

05

幻想的な雰囲気に包まれるツアーバス利用者専用のキャンプサイト「ピラミッドガーデン」。キャンドル・ジュン氏がプロデュースしている(以上全写真=宇宙大使☆スター)

 日本最大の野外ロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL」が今年は7月24日(金)〜26日(日)の3日間、新潟県・苗場スキー場にて開催が決定しています。

 さて本日、オフィシャルツアーセンターを訪ねたAkimama編集部。別件での打ち合わせだったのですが、終盤の雑談から「え!そんな裏ワザがあるの?!」というお得情報を入手したので、ぬかりなくご紹介。フジロック参加を検討している人は、ぜひチェックを!

1、ツアーバスで行くと、22歳以下はキャンプサイトがタダ!
全国27都市を発着するバスで苗場へ直行するツアーバス。料金がリーズナブルでもっとも人気のアクセス方法なのですが、このツアーバスを利用すると、なんと22歳以下はキャンプサイトがタダ! また、チケットとリストバンドの交換、送った宅配便の受け取りもツアーバス専用窓口が利用できるため長蛇の列に並ぶ必要がありません。

2、テントが借りられる手ぶらプランが今年初登場
ツアーバス利用者専用の幻想的なキャンプサイト「ピラミッドガーデン」では、テント&マットがレンタルができる手ぶらプランが初登場。テント設営の必要もなく、帰りの撤収も必要ありません。数量限定のため、申し込みはお早めに。

3、東京発なら、往復新幹線チケットがディスカウント+金券付き
フジロック入場券を持っている人は、東京駅ー越後湯沢駅間の新幹線料金がディスカウント。往復の新幹線(指定席または自由席)と、越後湯沢駅構内で使える500円券がついて、お値段なんと12,000円。2名以上の適用で、購入は「びゅう予約センター東京」または「FRF'15オフィシャルツアーセンター」にて。

4、雑魚寝上等! 格安で会場近くに泊まれる仮眠プラン
苗場に滞在中、ほぼフジロック会場にいる!という強者には、体育館または音楽室内を利用した仮眠施設(男女別相部屋、3泊以上)も。利用料金は3泊で12,600円。会場から徒歩圏内にあり、室内で眠りたい&低予算に抑えたい人は注目です。

 などなど「FRF'15オフィシャルツアーセンター」が扱うツアー数はなんと3,000件以上! 出発地や人数、日数、宿泊スタイルなど、さまざまなリクエストに合わせたプランが、ビビるほどあるそうです。

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot