line_box_head

都市型フェス・シンクロニシティに聞いたジャンルをクロスオーバーさせることで見えてくる現在と未来。

(2016.04.16)

フェスのTOP

icon

画像

ほぼ毎回、大取を飾っているのが渋さ知らズオーケストラ。世界に誇れる日本発信の音楽集団だ。

画像02

バンドのライブだけではなく、ライブペインティングなどのアートにも重点が置かれたシンクロニシティ。様々なジャンルが交錯する。

画像03

東日本大震災以降、トークにも重きを置くようになった。どういう未来を描いていくのか。そんなことが語られる。

画像04

15時から22時まで。30バンド以上が集結する。フード出店ももちろん用意されている。

渋谷という都会の真っ只中で開催されるフェス、シンクロニシティ。今年で11回目の開催を数える。様々なジャンル、様々な人が、シンクロすることから見えている「今」と「未来」。今年は30以上ものバンドやアーティストが集結する。プロデューサーの麻生潤さんに聞いた、シンクロニシティの本質。

—— シンクロニシティは、今年で11年目の開催となります。どんなきっかけで立ち上げたのでしょうか。

 シンクロニシティを立ち上げた2005年当時はちょうどライブカルチャーとクラブカルチャーのクロスオーバーが起き始めている時で、ジャンルや世代に関係なくそれぞれの素晴らしい音楽やカルチャーを皆に知ってほしいという思いで立ち上げました。「素晴らしい音楽をたくさんの人に」というのは、今でもシンクロニシティの変わらないコンセプトです。

—— 一回目は、どんなラインナップで、どんな雰囲気でしたか?

 ライブにDogggystyle、Dachambo、サヨコオトナラ、Tegwonなどジャムシーンを中心に、Kaoru InoueさんのライブユニットRiders On The Storm、さらに、思いっきりロックなズボンズっていう、幅広いというかなかなかカオスなラインナップでした。DJでは、HIKARU、Kentaro Iwaki、SHIRO THE GOODMAN、DJ YOGURTなど、クラブミュージックだけど、幅広い音楽性と柔軟性を持ったDJに出演いただきました。

 2005年11月25日が初開催だったんですけど、実は唯一のオールナイトだったんです。時間もそうだし、出演アーティストも今よりずっとクラブライクでした。ズボンズは唯一のストレートなロックだったんですが、凄まじいテンションのライブにお客さんも引き込まれていました。それはクロスオーバーっていう言葉を意識した最初のシンクロニシティの瞬間で、ライブカルチャーとクラブカルチャーがミックスした象徴的な瞬間でもありましたね。

 また、この日はエレグラと同日ってことでも話題になったんですけど、DachamboのAOくんが、MCで「エレグラへようこそ!」って言ったのは今も忘れられないですね(笑)。

1 2 3
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot