line_box_head

トランスパーティーを牽引してきたマツリが紡ぐ16時間パーティー。5月3日に開催。

(2016.04.28)

フェスのTOP

icon

画像

16時間に及ぶロングラン・パーティー。ファミリーも意識し、デイタイムでは子ども向けのワークショップも充実している。

画像02

朝日まで踊り続ける。そこから新しく感じられる世界がある、という。

画像03

様々なデコレーションも、オールナイトパーティーの魅力のひとつ。フェスのデコレーションの原型がここにある。

画像04

デイタイムは14時から22時まで。ナイトタイムは23時から。それぞれ、濃密な時間が展開される。

90年代の日本でトランスパーティーを創造し、ダンスシーンを牽引してきたマツリ・プロダクション。マツリ・デジタルとして、16時間に及ぶオールナイトパーティーを開催する。オールナイトが持つ魅力とは何か。EDMが世界的な流行のなかで、ダンスミュージックの本質とは何かを感じさせてくれるパーティーになることは間違いない。オーガナイザーでありDJのYUTA(Matsuri Digital/Vortex)さんにインタビュー。

—— 5月3日にマツリトライブフェスティバルが開催されます。今、東京でオールナイトパーティーを開催しようとしたきっかけを教えてください。

 自分達が主な活動の場としているトランスシーンではオールナイトパーティーが標準だったのですが、昨今のパーティーシーンはデイタイム化されているので、もしかするとこういった大型フェスティバルのオールナイト開催は難しくなっているのかもしれませんね。音楽のセレクトだけではなく、映像に照明、それぞれ夜に適した演出があるはずです。

—— 6時間ぶっ通しのオールナイトパーティーですが、デイタイムとナイトに分けられています。それぞれの特徴を教えてください。

 本フェスティバルのテーマは「祭り」です。日本古来よりある祭りをトランスというフィルターを通して表現します。随所で祭りを体感できる仕掛けが多数あり、会場に提灯や神輿、そして縁日さながらの出店、過去に例のない屋内型フェスティバルを是非体感していただきたいです。

 デイタイムは「オーガニック」をコンセプトに、ageHa史上初となる未成年者の入場が認められたフェスティバルというのが大きな特徴です。ファミリー層を視野に入れ、親子で参加可能なワークショップも多数盛り込んだKIDS PARKが登場します。お子様連れでも充分に楽しめる内容となっています。トランスバンドを中心としたラインナップで、野外フェスティバルさながらのピースフルな雰囲気を楽しんでいただければと思っています。デイタイムと真逆の方向性を提案するナイトタイムのコンセプトは「サイケデリック」です。パーティーシーンだけではなく、現代美術のアートシーンでも活躍するアーティストが作品を展示し、ageHa館内は前代未聞のアートフェスティバルに姿を変えます。

1 2
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot