line_box_head

2016年のキーワードは「街フェス」。茨城県結城の「結いのおと」オーガナイザーにインタビュー。

(2016.03.06)

フェスのTOP

icon

画像

茨城県結城市で3月20日に開催される「結いのおと」は今年で3回目の開催。年を重ねるごとに注目度も増している。

画像02

結城市には、ライブハウスのような会場がない。だからこそ、この街の特徴的な場所を使う。それがこの街フェスとしての個性となっている。

画像03

ライブ会場は4カ所。自分のタイムテーブルを作って、それぞれの会場を巡るのはまさにフェス。入場無料のフード&マーケットエリアも設けられる。

画像04

曽我部恵一、七尾旅人、boobosなど、ビッグフェスに出演するアーティストもラインナップされている。

茨城県結城市。東京から車で2時間程度の人口5万人弱の地方都市。歴史的な文化が残るこの街で、街フェスが開催されるようになって数年が経つ。秋に開催される『結い市』。春に行われるのが『結いのおと』。なぜ結城市で街フェスを開催するようになったのか。実行委員会の野口純一さんに、結城市で開催される街フェスへの思いを聞いた。

—— 今年3回目の開催となる「結いのおと」のコンセプトを教えてください。

結城紬の産地として知られる茨城県結城市。中心市街地には、ライブハウスやコンサートホールはありません。代りに結城の象徴的な建物をその日限りのライブ会場として活用します。その名の通り「おと(音楽)」を通じて人と街を結び、結城の良さを体感してもらうイベントです。

—— 同じ結城市で秋に開催されている『結い市』との違いを教えてください。
『結い市』は芸術祭(アートフェス)で『結いのおと』は音楽コンテンツに特化したライブサーキット型のイベントです。これまでに『結い市』開催を通してたくさんのミュージシャンと繋がってきました。この繋がりをもっと広げて『結い市』以外にも街の潜在的な魅力や新たな価値観を提案するイベントができるのでは?と『結いのおと』を企画しました。ふたつとも同じ団体が同じ街で行っているので目的は同じですが、規模感や年齢層の幅広さが違います。『結いのおと』の規模感は『結い市』ほど大きくはありませんが、来場者の年齢層については地方小規模都市がイベント集客の際に最も苦手とする「若い世代」をメインターゲットとしています。

1 2 3
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot