line_box_head

スノーモンキー・ビアライブ。冬のスキー場(志賀高原)で開催されるクラフトビールと音楽の祭典。

(2016.03.12)

フェスのTOP

icon

画像

日本トップランクのクラフトブルワリーが集結。今年は100銘柄以上がラインナップされている。果たして、二日間で全部を飲める人はいるのか?

画像02

長野オリンピックの際に作られた総合会館が会場。ビールを飲むフェスだけあって、近くの温泉や会場を結ぶ無料のシャトルバスも運行されす。

画像03

今年は、日本のブルワリー16社のほか、アメリカからも参加する。ライブを楽しみながら、ビールの飲み比べが、ここでの正統スタイル。

画像04

土曜日は夕方からの一部、日曜は昼と夜の二部制。チケットには、ビールチケットも付いているので、トータルに考えるとかなりお得。

 志賀高原で開催されている「スノーモンキー・ビアライブ」。国内トップレベルのクラフトブルワリーとライブに定評のあるミュージシャンが集結する冬フェス。「冬のスキー場でビールと音楽という無謀な試み」を続けているオーガナイザーの佐藤栄吾さんに「なぜビールと音楽の冬フェスを開催するのか」を聞いた。

—— 「冬のスキー場でビールと音楽という無謀な試み」の『スノーモンキー・ビアライブ』。どんなきっかけでこのイベントを立ち上げたのですか。

 もともとは、ブルワー同士の飲み会の席での会話がきっかけ。毎年、夏に、ぼくら志賀高原ビールのホップの収穫に遊びに来てくれたブルワーのみんなと、収穫後BBQをして飲んだりしていたんですが、それがすごく楽しいって、あるイベントの打ち上げの話題になったんです。箕面ビールの現社長、大下香緒里さんが「来年、うち、たこ焼き焼くわ」って話になり、たまたまそこにいた彼女の親友の ADOさんが「じゃあ、うち旦那連れてくわ」と。その「旦那」ってのが、今回も出演してくれるGEBOさん。「音楽とビール」「志賀ロックや!」なんてくだらない話をしていたんです。
 全国で、ビールのイベントも増え始めていた時期で、それも大都市だけじゃなくて、富山のタナバタビアフェスタとかに刺激を受けていたんですが、さすがにビールだけのために、長野まで人を集める自信はないなあと。で、ふとあの夜の話を思い出して、みんなに「ビールと音楽」って話をしてみたら、地元の志賀高原観光協会さん、山ノ内町さんがすぐ協力してくれることになったんです。
 忙しいブルワーにとっても、三月はまだ比較的時間のある季節。お客様に楽しんで欲しいのはもちろんなのですが、ブルワーたちにとっても、リラックスして楽しめる合宿的なイベントもいいなってことで、あまり深く考えずに、ゆるくビールでつながる感じで始まったというわけです。

1 2 3 4
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot