line_box_head

カスケードデザインを支える2人のアメリカ人がやって来た!!! その②

(2016.11.07)

カルチャーのTOP

icon

 Chris Lowe(クリス・ロー)、Thomas Threlkeld(トーマス・スレルケルド)。ともに、カスケードデザイン社の要職を務めるふたりがサーマレストとMSRのこれからを語ってくれた。キーワードはKAIZEN!?

カスケードデザインを支える2人のアメリカ人がシアトルからやって来た!!! その①

   
いまや、MSRなしでは語れないカスケードデザイン

A……脱線へのおつきあい、ありがとうございました。先ほどの買収話の続きですが、カスケードデザインは2001年にMSRを買収しています。テント市場に介入するというのは、とても大きなことだったと思いますが、そもそもなぜMSRを?

C……MSRの前身の段階の話で。81年にREIがMSRのオーナーのラリー・ペンバシーからブランドを買収。当時はあのMOSSテントだったんだけど。

A……モスのファンは日本にもたくさんいます。すごくいいテント。
T……だよね。そのREIがあのタイミングで売りに出したがっていたんだよね。
C……両社ともシアトルに本社があって。結局、いまはカスケードの敷地になっているけど、たった2ブロックしか離れていないところにMSRの本社があった。

T……また、会社の境遇もよく似ていたんだ。カスケード側から見れば、サーマレストがあって、シールラインにパックタオル、プラティパスを持っていたんだけど、社としてはもっとセレクションを広げていく必要があった。MSRのほうには、テントはもちろん、ストーブもあるしコッヘルもあるし、浄水器もある。

C……同じシアトルだったことも大きい。そして話がまとまって。でも、MSRを買収したおかげで、カスケードデザインとしても勢いが出て、本当によかったと思う。いまのカスケードはMSRなしでは考えられない。

A……この先は? ほぼ、ウェア以外を扱う大きなカンパニーとなっているが。
T……Good question. 

C……カスケードデザインは、MSRの買収で完成したわけではない。ここ4年ほどの間でも、小さなところではいくつかの買収は試している。たとえば、このコットもラグジュアリーライトという会社から買収をして、サーマレストの名前にして販売をしている。
ラグジュアリーライトもいまではサーマレストブランドに。来春には、より軽く快適なニューモデルも発表される

T……大きなブランドを買って、持ってくるというのもアリだけど、小さなブランドをサーマレストの名前で再販する方法もあり。一般のお客さんもラグジュアリーライトという名前では買わなくとも、サーマレストとなれば買ってくれる可能性が上がる。認知度が上がるから。これもKAIZENのひとつ。いいものをつくっているならなおさらで、より大きな流通が生まれる。

C……このラグジュアリーライト、かつて日本で流通していたこともあるんだよ。小売りのODBOXで扱っていた。

T……トモは知ってるか?
A……ODBOXのトモといえば、土屋智哉さんのことですよね。
T……トモはトモダチ。ORでよく会うよ。

A……お、意外と身近に仲間がいましたね。

※トモダチのトモとは、元ODBOX、現、三鷹のハイカーズデポを主催する土屋智哉さんのこと。いまや用具界の重鎮のひとり。カスケードデザインのトーマスさんと土屋さんは、OR(=Outdoor Retailer/アメリカ最大のアウトドア展示会)で知り合い、以来のお友だちでした。

1 2 3
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot