line_box_head

唯一無二の雪上フェス豪雪Jamのオーガナイザーに聞いてみた。「冬フェスって本当に寒くないの?」

(2016.01.28)

フェスのTOP

icon

画像

カラフルなアウトドアウェアが、白い世界ではさらに引き立つ。スニーカーだけはご法度。

画像02

新潟県十日町で開催される雪まつりの巨大ステージが野外フェスのステージにもなる。

画像03

日中はTシャツ姿の人が現れるほどの暖かさ(晴れたらの話ですが)。けれど太陽が沈んでからは急に冷え込んでくるので重ね着スタイルがベストチョイス。

画像04

2015年は、フェス好きのカップルが公開プロポーズというハプニングも。心もポカポカするフェス。

新潟県十日町市で開催されている雪まつりの会場を使い、2008年にスタートした「豪雪Jam」。日本はもちろん、世界でも他に例のない、雪のステージの野外フェス。関東地方の豪雪のために、一度だけ開催が見送られたこともあったが、野外フェスの幕開けとして楽しみにしているフェスラバーも少なくない。「豪雪Jam」事務局長の樋熊篤史さんに雪上フェスの楽しみ方を聞いた。

Q1 「豪雪Jam」は2008年にスタートしました。ほかに例のない雪上フェスを立ち上げようと思ったきっかけを教えてください。

A1 仲間も含めて、地元の若い人間が十日町市に住んでいることに誇りをもてる様な雰囲気になるにはどうしたら良いか考えていました。
田舎の人間なので、全国から人が集まってきたら嬉しいよなぁ~って自分は思うので、そういう企画を自分達で作り上げられたら良い雰囲気になるんじゃないかと思いました。
当時、自分がフェスに行き始め、自然のシチュエーションが活かせて、フェスは土地の良さが出るなぁ~って感じて、フェスをやろうと思いました。
ここ十日町市なら、春でも夏でも秋でもないっしょ、やっぱ冬でしょ、しかも全国に誇れる雪上ステージがあるじゃないか!ってことで冬フェスを考えたんです。
ですので、音楽フェスがやりたかったということではありません。
十日町市に人を集めるためにフェスという方法があった、ということです。

Q2 新潟県十日町市とはどういう街ですか。

A2 日本でも有数の豪雪地帯としてニュースに名前が出ることがあると思いますが、我々はこの雪に対して「もういいよ降らなくて」と思うこともあれば、この雪のお陰で経済が動いたり、雪ならではの遊びがあったり、雪解け水による美味しい米があったり酒があったり、雪ととも(友)に生活していると実感しています。
「豪雪Jam」をはじめて感じたことですが、仲間も含めここにいることを誇りに思っている人が多く、自分達で自分の場所を良くするんだという意識が高いと思います。自立心が活力になり、いいサイクルになって、みんな切磋琢磨している姿を強く感じます。

1 2 3
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot