line_box_head

【SOIL&”PIMP”SESSIONSインタビュー】バックボーンにあるジャズの再確認と新提案。

(2016.06.17)

カルチャーのTOP

icon

画像

(左から)トランペットのタブゾンビ、サックスの元晴、ピアノ&キーボードの丈青。

画像02

加山雄三さんのキングオールスターズなどのメンバーとしても活動している。

画像03

ソイルのみどりん、秋田ゴールドマンと、J.A.M.というピアノトリオとしても活動を続けている。

画像04

三宅洋平を中心とした(仮)アルバトラスのメンバーでもあり、数多くのセッションに参加している。

画像05

1年半ぶりのリリースとなった最新作。Death Jazzと呼称されるラウドな片鱗はみせつつ、自身の根幹であるジャズを基軸にして自由にウィングを伸ばし、レアグルーブ、ジャズファンクからアシッドジャズまでを経て続く2010年代のメロウ・グルーブを奏でた作品。ペトロールズの長岡亮介やTAHITHI 80のボーカルのグザヴィエ・ボワイエなど、名うてのアーティストを要所に起用した作品。

日本のみならず、イギリスのグラストンベリーフェスをはじめ、世界各国の音楽ファンの虜にしているSOIL&”PIMP”SESSIONS。日本の夏フェスを前に、6月後半からは、カナダのフェスを中心にした北米ツアーに赴く。4月にリリースされた最新作『BLACK TRACK』に込められたものとは何だったのか。

写真=伊藤愛輔

●ブラック&メロウをコンセプトにして。

–––– アルバム『BLACK TRACK』を聞いていると、今まで以上に音楽の幅が広がった印象です。
タブゾンビ 今回のアルバムを制作するにあたってのミーティングで、「ブラック&メロウ」というコンセプトを設けたんです。ディレクターから出た言葉だったんですが、メンバー全員「いいね」と感じるテーマでした。そしてこのコンセプトに基づいたものを、それぞれが考え、持ち寄って生まれたのが『BLACK TRACK』です。
丈青 今回のアルバムのために書いた曲だけではなく、3~4年前に書いた曲もあります。

–––– 『BLACK TRACK』とはジャズの長い歴史を意味するワードかもしれないですね。
元晴 「今回ヤバイね」とか「この曲もヤバイね」って、録りながら言っていたんですよ。その意味では、最初からいいものが録れているという自覚がありました。特に丈青が盛り上がっているのが印象的でしたね。
丈青 ミックスもマスタリングも、ずっといたから。そこまですべての作業にいることは少ないんだけど、今回は特に細部にまでこだわっている。「自分が味わっておいしいものを」っていうことを基準にすごく考えて取り組みましたね。何度も確認作業をしながら、しかも新しいアイデアをスタジオでどんどん取り入れ、具現化しながら、すごく集中して完成したアルバムだと思います。

–––– 一回一回のライブでも、ソイルはそのライブにかけるモチベーションがすごいと感じています。それと同じようなものを、このアルバムにも感じています。
タブゾンビ 同じことをずっとやらずに、そこに留まらずに、進化しているという感覚があります。メンバーもすごくリスペクトしているし、みんなが新しい風をいろんなところから持ってきてくれる。そんなことも、音に向かうモチベーションに繋がっているんでしょうね。

–––– ひとつの音に神経を集中させて、音を吐き出している。だからこそ、その音に含まれるエネルギーもものすごく熱いものになっている。
元晴 ステージに立つ人間として最低限のマナーだと思いますね。「そうじゃない人はステージに立つ資格がない」。そのくらいの気持ちで毎回ライブには挑んでいます。実は一昨年に椎間板ヘルニアになっちゃって立てないくらいだったんだけど、ライブの最中は痛みがゼロになっちゃうんですよね。ライブの最中に自分たちから出ているパワーみたいなものは、計り知れないものだと思います。そこにオーディエンスからのパワーも加わって、また自分たちの音楽からも更なるパワーをもらって…その様にして僕らはライブを行っています。その中でも、2011年3月11日以降は、自分たちの音楽から自分たちもパワーをもらっているという感覚がより強くなっていますね。
丈青 やっぱりライブはおもしろいよね、オーディエンスにパワーを与えるし、パワーをもらえる。

1 2 3
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot