line_box_head

一歩先を行くオトコの、オシャレでユニークなものづくり SOLA TITANIUM GEAR

(2016.05.31)

道具のTOP

icon

 アウトドアに限らず世界中の名だたるビッグネームブランドの歴史を紐解いていくと「最初はガレージの片隅からはじまった……」「郊外のボロ小屋で創業……」そんなストーリーを目にします。少ない資金でも知恵とアイデアとほとばしる情熱を原動力に、今までにないものや、よりよくするものを世に送り出そうとする人たち。そんな人たちは現在のアウトドア業界にも多数存在します。
 そこで、Akimamaでは今回からアウトドアのインディーズブランドの方々へのインタビュー企画をスタート。ものづくりへのこだわりや想いを紹介していきたいと思います。



【アウトドア・インディーズ】Vol.1 SOLA TITANIUM GEAR

 SOLA TITANIUM GEAR(ソラ・チタニウム・ギア)のオーナーはフウソラさん。「プロフィールは秘密で」と言われましたが、彼と知り合ったのは2008年頃。お互いのブログを通して知り合い、一緒にキャンプしたり、イベントでお会いしたりするアウトドア仲間になりました。GO OUT誌などでもたびたびオシャレキャンパーさんのひとりとして紹介されています。彼のモノ選びや遊び方は、いつも一歩先を行っていて、追いつきそうになるとまた一歩先にいる、そんな存在。私よりも年下ですが憧れのオトコのひとりです。それは彼のブログの読者も同じではないでしょうか。今流行っているキャンプのスタイリングは、その多くが間接的には彼の後追いなんじゃないかとすら思ってしまいます。

─最近はどんなアウトドア遊び方をしているのでしょうか。

「通年でトレイルランニング、ウルトラライトハイキング、子どもとキャンプ、夏はパックラフティング等です。 最近はバイクパッキングにもハマっています」

 最近は、RUN+TRAIL誌などにも登場されているのを見かけます。やはり交友関係も目の肥えた人たちが多く、遊びを通して刺激し合って来たそうです。

─ブランド設立のきっかけは?

「岩だらけのテン場でアルコールストーブを倒して炎上した事があって、まだ世に無かったウルトラライトなテーブルを作ってみたいなぁと。超コンパクトでテントやシェルターの中でも使えるようなサイズの物を作ったら、MoonlightGearのチヨちゃん(千代田高史さん)とハイキングしたときに作って販売させてくれないかってオファーを受けたのがソラチタのはじまりです」

─そもそも、なぜチタニウムギアなのですか?

「もともと軽量で丈夫なチタン製品が好きだったし、ハイカー仲間にチタンのレーザー加工の工場を経営してる友だちがいて、自分のアイデアを実現できる環境も揃ってました。今はその友だちと、縫い子さん、うちの嫁と僕の4人でやってます。なかなか大量生産はできないんですが、うちのギアは本当にほしい人の手に渡ってほしいと思ってみんなでがんばってます」

 その記念すべきプロダクト第一弾がこちらの「スーパーテーブル#1」。天板がチタン、足の部分がカーボン製で、タイベックの収納ケースを入れて170gという超軽量なテーブル。発売する度に即完売という状況が続いています。


石がごろごろしたところでもフラットな面をつくれる。脚を外して天板だけを石で作ったカマドに載せて使うこともできる。画像提供:SOLA TITANIUM GEAR

─製品づくりに対するこだわりはありますか?

「どこでもやっているような製品を作っていても作り手として楽しくないです。 なるべくオリジナリティがあって本当に自分が欲しい物という目線で。 なるべく考えられる最高の素材でシンプルに、でもデザインには一番気を遣っています」

 そんなこだわりが詰まった「スーパーネイチャーストーブ#1」という製品がありますが、こちらもオリジナリティ溢れるデザインで、しかも超軽量ながら太い枝もしっかり燃やせて、湯沸かしから調理までちゃんとこなせるという優れもの。


シンプルで丈夫で軽量。耐熱メッシュの採用により多少湿った薪でも難なく燃焼。脚はゴトクを兼ねていて、余ったペグを乗せれば、底面の小さなカップなども置ける。画像提供:SOLA TITANIUM GEAR

─今、一押しの製品はなんですか?

「自分もそうなんですが、山頂やテン場、とっておきの景色を眺めながら美味しいビールやコーラを飲みたくてハイキングやトレイルランニングしてる人は多いはず。それで考案したのが、最近販売を開始したB.P.C(バックパッカーズクーラー)です。
今までの分厚いソフトケースや重い保冷剤を使わず、サーモスの缶クーラーと高性能断熱材を内蔵したB.P.Cを併用して使う事で5〜6時間保冷する事が可能となります」

 なるほどこちらもユニークで、ハイカーの心を掴みそうなアイテムです。こちらはブランド名に由来するようなチタン製品じゃないですが、こういうものを作ろうとする遊び心もフウソラさんらしさ。


要するに350ml缶用のソフトクーラーバッグ。ひと缶でもいいから山の上で冷えたビールが飲みたいという気持ちはスゴくわかる! 画像提供:SOLA TITANIUM GEAR

 現在、販路としてはMoonlightGearさんからのみとなっています。どの商品も数量限定での生産。発売後はすぐに完売という状況がつづいていますので、MoonlightGearのFacebookをこまめにチェックしておくとよいでしょう。

 これからもユニークで一歩先を行く製品が、ハイカーやキャンパーの心をくすぐることでしょう。

 
 
ライター
渡辺信吾

アウトドア系野良ライター。デザイナー、Webディレクター、コーディネーターとしても活動中。波乗り、雪乗りで一年中真っ黒。 ホームページ「NORA」

line_box_foot