line_box_head

親子登山で世界が広がる。子どもと歩くハイキングガイド・栗田朋恵さん

(2016.05.16)

アウトドアのTOP

icon

MERRELLユーザーインタビュー
第3回/栗田朋恵さん

 ハイキングだけでなくシャワークライミングやスノーシューまでこなすガイド。そして二児の母であり、「外あそびtete」で親子登山の楽しさを提唱している。そんな栗田さんの肩書きを一言で表すのは難しい。とは言え、プロフィールから察するに生粋のアウトドア好きであることだけは間違いない。さぞ小さい頃からアウトドアに親しんできたのだろうと思いきや。
「私自身、アウトドアを意識したのは26歳の時でした」
 と、意外なほどに遅咲きなのだった。

●あの一瞬でアウトドアの扉が開いたんだと思います

「生まれは長野県の小谷村で、実家はユースホステルをやっています。周りは自然に恵まれた、いわゆる田舎です。子供の頃から野山を走り回っていましたから、自然には親しんでいました。でもそれはアウトドアなんてカッコいいものじゃなくて、あの辺りで暮らしていれば当たり前の生活なんですよね(笑)。冬は腰まで積もった雪をかき分けながら通学したりしました」
 そのおかげで、と栗田さんは続ける。
「足腰が鍛えられたんだと思います。中学高校では陸上部にいたんですが、みんなが疲れたって言ってるときに、自分はもう一週走れるくらいの余裕がある。どうやら私は体力があるらしい、ってことにはうすうす気づいていました。でも走るのが速いとか、そういう事じゃないんですよね。地味に疲れない。親もそのあたりは分かってたみたいで『あんたはあか抜けない馬みたいだ』って笑ってました」

MERRELLのショールームで展示してある子供用のシューズを見ながら。「一緒に歩きたいから、子どもの靴はいつも気にしてるんです。キッズサイズのジャングルモックなんて、ホントに良くできてますよね。ビックリしました」

 では、何が栗田さんにアウトドアを意識させたのか?
「小さい頃から絵を描くことも好きで、大学は東京芸術大学の美術学部に進学しました。そこで一気にアウトドアからインドアへ、田舎から都会へ、と生活が変わったんです。大好きな美術に関わって暮らして、周りには刺激も多い。そんな東京は大好きでした。けれど26歳の頃、就いていた会社の美術部門が縮小されることになりました。仕事にやりがいは感じていたんですが、将来をどうすべきか考えるようになったんです」
 そんなときだ。
「長年、実家のユースホステルを手伝ってくれていた方が引退するってことになって。じゃあ、少し実家を手伝おうかなって長野に帰ったんです。東京を捨てるとか、そういう特別な気構えはありませんでした。長野も良いところだからちょっと、みたいな感じです」
 ユースホステルの仕事は雑用の連続だ。早朝から消灯まで細かな用事が続く。けれど、日中にぽっかりと時間が空くことも多い。そうした中で、ある日スノーシューツアーのお手伝いをすることになったのだ。
「うちの両親とも親しい人ガイドさんがいるんですけど、ツアーが忙しくて手伝いが欲しいって話してたんですね。年は父と同じくらいの方です。始めはその人について、お客さんを見守りながら一日山の中を歩いただけです。で、終わったら『じゃあ次はいついつね』って。私は当初、単発のお手伝いのつもりだったんですけど、そこに新しい世界を見つけた感じがありました。それで、『はい』って(笑)。
 それからはなんだか自分の気持ちも周りの状況もどんどん、山を歩く、っていう方向に向かっていきました。かといって、無理に引っ張られているわけではないし、どうせできないだろ、って突き放されることもありませんでした。こうしたら良いよって、私みたいな何も知らない人間を育てることに愛情をかけてくれたんです。そのとき、自然世界の深さやおもしろさを伝えることと、責任の重みを学びました。それがガイドっていう仕事と、アウトドアっていう言葉を意識した瞬間だと思います」


外あそびteteの親子登山風景。たくさんの子どもたちが自然に触れあいながら、自分の世界を広げていく。その様子を見守ることはとても楽しいそうだ

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot