line_box_head

祝10周年!行かなきゃソン!今年こそ、最高のフリーイベント、トヨロックを体験しに行こう

(2016.09.09)

フェスのTOP

icon


 TOYOTA ROCK FESTIVAL(以下、トヨロック)が、今年も愛知県豊田市で開催される。ミュージシャンによるステージをメインコンテンツとしながらも、バラエティに富んだおいしいフードの数々、個性的なショップ、ゆったりしたキャンプサイト、フリースタイルモトクロスのショー…と、音楽以外の楽しみも枚挙にいとまがないのがトヨロックの魅力だ。

 入場無料のフリーイベントだが、金曜の前夜祭からはじまり、土曜、日曜とたっぷり楽しめるスケジュールになっている。数年前からはじまったキャンプサイトも年々人気が出てきており、キャンプインで楽しめるフェスとして定着しつつある。(※入場はフリーだが、キャンプはチケットが必要。レンタルテントもあり!詳細はこちらへ)

フェス番長、Dachamboのステージ。ことしも会場全体をHappyに躍らせてくれるはず

 今年のおもなラインナップは、TURTLE ISLAND、Dachambo、T字路s、やけのはら、光風&GREEN MASSIVE、Indus&Rocks+きじは=、切腹ピストルズ等など。現時点で51組の出演者が発表されている。また、フェスラバーにはお馴染みのGravityfeeもラインアップ。音楽、アート、といったあらゆる要素が詰まった2日間だ。

 このメンツを見ただけでも、「これがフリー!?」と思うほど、チケット制のフェスと遜色ない。じつは、トヨロックは地元の若者たちによって支えられているイベントで、ほとんどがボランティアのスタッフだ。「なにか面白いことをしたい!」「好きな音楽でみんなで盛り上がりたい!」そんな熱い気持ちを持った若者が、設営から最後の撤収まで、運営のほとんどを担っている。興行が目的ではない、みんなによるみんなのための「祭」をつくるような感覚。単なるお客さんというよりは、参加して一緒につくって楽しむ、そんなフェスだ。

会場のすぐ沸きにあるキャンプサイト。キャンプサイト利用にはチケットが必要。朝から晩まで楽しめる

 会場は、トヨタスタジアムの外周部分に特設ステージをつくり、行われている。町に近い都市型フェスでありながらも、スタジアムの脇には川が流れ、芝生の河川敷が広がる開放的な空間だ。ちょっとしたピクニックに行くような感覚。深い森でもなく、完全な街中でもないほどよいグリーンがある。ごろ寝でき、子どもが遊べるオープンな場所なので、家族連れが多いのも特徴。

フリースタイルモトクロスが宙を舞う!素晴らしいショーは一見の価値あり

 トヨロックは、奇しくも朝霧で開催されるあの人気イベントと毎年同日開催。東京から西へ向かうフェスラバーたちは、富士宮あたりで高速を下りてしまう……。ああ、もったいない。あともう少し、200キロほど(少しでもないか)走れば豊田。豊田は旨いものも多く、温泉もある。名古屋市街も射程距離内。観光がてら、今年はトヨロックに行ってみてはどうだろう。

TOYOTA ROCK FESTIVAL
開催日:2016年10月8日(土)、9日(日)※前夜祭は、10月7日(金)
会場:愛知県 豊田市 豊田スタジアム外周
【公式WEB】http://toyotarockfestival.com
【Face Book】https://www.facebook.com/Toyota-Rock-Festival-226796144089450/
【Twitter】http://twitter.com/#!/TOYOTAROCKFES

【出演アーティスト】
朝崎郁恵with マブリ
eastern youth
TURTLE ISLAND
Dachambo
THE RUDE PRESSURES featuring Christopher Ellis & Friends
あふりらんぽ
COOL WISE MAN
サイプレス上野とロベルト吉野
T字路s   
Seiho
呂布カルマ
切腹ピストルズ
Little Blue+辻祐
6EYES
ホーミータイツ
光風&GREEN MASSIVE
かむあそうトライブス
Indus&Rocks+きじは=
a-fank syndicate
YAS OIL THE WELLCARS
ボギー
LEGENDオブ伝説a.k.a. サイプレス上野
ロベルト吉野a.k.a. DAVE93
CAMPANELLA
Ramza
C.O.S.A.
Misoиков Quitaвич
STOCKMAN
子・音・唄・輪  
東海道ニコニコ楽団
平井正也(マーガレットズロース)
DRUMS-LEE
ドラゴン岩村
サントラ5

----ART----
モンドくん
WAIZI / 2manualS

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot