• フェス

【CHAIインタビュー】フジロックから朝霧JAMを経由して世界へ飛翔する。

2018.09.19 Wed

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

去年のフジロックのルーキーアゴーゴーに出演したCHAI。その後数多くのフェスに出演。日本だけではなくアメリカのテキサス州で開催されている世界から注目を集めるショーケース「サウスバイサウスウェスト」に2年連続でステージに立つなど、飛翔するスピードは目覚ましい。そして今年は「めざすはメインステージ!」投票企画でフジロックのメインステージ出演権を獲得した。その成長の勢いを保ったまま、朝霧JAMにも初出演する。

●バンドとしての旅立ち。

–––– どんな経緯でCHAIは結成されたのですか。

マナ ユナとカナ、私の3人は同じ高校の軽音学部で、なんとなくやっていて、私とユウキはまた友達で、私が誘ったの。

–––– 軽音時代はどんな音楽をやっていたのですか。

カナ コピーしかやっていないかったなぁ。本当に部活という感じ。野球部みたいな感じだね。

–––– どういうバンドをコピーしていたのですか。

カナ 東京事変とか。
マナ 他にはaikoとか。いきものがかりも。

–––– その時から4人組のCHAIとしてバンドをスタートさせていたのですか。

マナ 全然はじめていなくて、バンドとして本格的にスタートさせたのは4年くらい前かな。

–––– バンドとしてスタートさせたきっかけは?

カナ なんとなくはじめようというふわっとした感じではじまっちゃったから、最初の頃はこれだっていうものを何もやっていなくて。ただ集まっただけで。もともと仲の良かった友達だったから。ちゃんとやりだしたのが東京に来るちょっと前くらいかな(笑)。

–––– 東京に来たのは?

カナ 2年前だね。
マナ 東京に来るちょっと前にみんなで話して、ちゃんとやろうって。

–––– その頃からオリジナルも作るようになって?

マナ それ以前にも作っていたんだけど。なんか曖昧に作っていたかも。
ユウキ 趣味の延長っていう感じだった。
カナ ただ音楽が好きというだけでやっていて、すごく変なバンドだった。今、思うと。

–––– 変というのはどういうところが?

カナ 爆発的にやりたいことをやる。今もやりたいことをやっているんだけど、何もまとまりのないやりたいことをやっていたから、今思えばすごく変な曲だなって思う。その曲は、今は全部ないけど。

–––– 当時作った曲は、今では一曲も演奏しない?

カナ 一曲もない(笑)。

–––– 4人でちゃんとプロになろうと決めてからは、どういう音楽をめざしたのですか。

マナ その頃から洋楽を聞くようになって。最初にやりだした頃はJ POPばかりで、徐々に岡村靖幸さんやceroとかレキシとかが好きで聞くようになっていって。それは全部ユウキに教えてもらって、私たち3人も聞くようになって。その後、3年くらい前からベースメントジャックスみたいなバンドを知って、そこから洋楽に入り込んでいって。洋楽しか聞かないようになっちゃって。そこから曲作りが変わったかな。

–––– みんなに教えての反応はどうでした?

ユウキ もともと、みんな音楽の趣味があっているから、誰かが「これいいね」っていうと、みんなが「いいね」ってずっとなっていたから。たまたま洋楽をすごく詳しい知り合いに教えてもらったら、聞いたこともない、見たこともない衝撃が受けて、みんなで一気に虜になった。「うわー、これがやりたい」って。

–––– 聞くのと自分たちで弾くのとでは、まったく違うわけじゃないですか。イメージがあってもそこまで到達するのは難しかったりする。どうやって今のオリジナルは作りはじめていったのですか。

マナ 好きなバンドの音をすごく聞いて、そこから刺激を受けて作るの。
カナ 作り方は全然変わっていなくて、最初はメロディ、コード、リズムと作っていって、歌詞を最後につける。

●世界への視線。

–––– アメリカのテキサス州で開催されている世界的な最大規模のショーケース、サウスバイサウスウェストのオーディションを受けて、去年今年と実際にそのステージにも立っています。それは視野が海外に向かっていったからなのですか。

カナ グラミー賞を獲りたいっていう夢があって、そのためには海外に早く出なきゃって思っていた。
ユウキ グラミー賞というのは最初から持っていた夢なの。
マナ ベースメントジャックスをはじめて聞いた時から、「あ、この人たちはグラミーを獲っていたんだ」って。聞いたことがなかった素晴らしいミュージシャンたちは、やっぱりグラミー賞を獲得しているんだっていうことを知って。
ユウキ いいバンドはいい賞を獲っているんですよ。
マナ 本当に素晴らしいと思ったから、絶対に獲ってやろうと思って。そのためには早く海外に出なきゃって思って。
ユウキ 日本人のバンドがそこにいないのが悔しくて。バンドとしては、日本人はなかなかグラミーには縁がなかったから。

–––– 4人のうちで、誰が最初にグラミーを目標にすると言い出したのですか?

ユウキ みんなで話していたね。
マナ その前に「ネオNEOかわいい」というコンセプトを立てて、そのコンセプトを世界に広めるためにはどうしたらいいのか、グラミー賞を獲得したら絶対に広まるよねっていう話から、グラミー賞を絶対に獲ろうねっていう話になっていったんですの。
ユウキ グラミー賞はトップだから、誰も文句を言えなくなるから。
ユナ 本物しか獲れないと思うし。

–––– NEOかわいいというコンセプトを最初に作ったのですか。

マナ 何か発信するものを持っているのがアーティストだと思っていて、芯を持っていないといつかブレてしまうかもしれないからと思って、本気でやろうと思った時にみんなで話したんの。私たちはすごく完璧じゃないし、今いるガールズバンドより可愛くないってわかっていたし。それを認識したうえで、いろいろ考えて。でも本当は可愛くない人なんていないし、ブスはいないっていうことをずっと思っていて、それを決めたのは誰なんだろうなって思う。みんなが圧倒的に可愛いのはわかっているから、それをまず訴えていきたいと思って。この顔だからそれができると思った。

–––– 視点の持ち方がおもしろいと思う。ライブのトークもおもしろいし。

一同 (大笑)

–––– 去年と今年、サウスバイサウスウェストの前後にアメリカツアーも行っています。

マナ 今年の方が圧倒的におもしろかったかな。去年は日本のアーティストが集まるステージに出たんだけど、今年のサウスバイサウスウェストでは日本という枠ではなかったから。

–––– 見ていたお客さんも日本枠で出た去年と今年では違った?

カナ 来る人が日本人を見に来ることを目的にしていないっていうか。
ユウキ 音楽が好きとか新しい音楽を聞きたいとか、そういう人が多かった印象だよね。

–––– サウスバイサウスウェストは、町中の何十カ所でライブやイベントが行われているわけですよね。

カナ 本当にすごい量!

–––– 今年は何回くらいライブをしたのですか。

ユウキ 1日3回やった日もあった。
ユナ 全部では12~13本。
カナ 他のバンドやアーティストは、もっとやっている人たちもいるから。

–––– 海外のライブと日本のライブ、どこが違いますか。

ユウキ アメリカのステージでは戦い。それが楽しい。日本には日本の良さがあるけど、海外はまた違った楽しさがあって。
マナ お客さんが人間の本能で向き合ってくる感じ。
ユナ 野生的だよね。
カナ 頭で聞いて、わかったふりを絶対にしない。
ユウキ 興味がない人は興味がないけれど、興味が湧いてくるとすごく近寄ってくる。それが戦い。

–––– ライブで勝負しているような感覚なのですね。

カナ それがめちゃ楽しくて。
ユウキ 最終的に帰りたくなくなって泣いたの。日本に帰りたくなーいって。
マナ CHAIがUS盤をリリースしてるレーベルの人もすごく暖かい人で。
カナ すごくいいステージに出させてくれて、関係者とかもいっぱい連れてきてくれて、暖かい気持ちになっちゃって。ステージもものすごく楽しくて。
ユウキ みんなとハグして帰ってきた。

–––– いずれアメリカをベースに活動していくということも思い描いているのですか。

カナ 拠点は日本でもいいんじゃないかな。もっと好きになったら行くかもしれないですけど。
ユウキ でもいっぱい行きたい。

–––– 最初に東京でライブをした時、アメリカと似たような感覚があったのではないですか。

ユナ 確かに、東京でライブをした方が名古屋よりも楽しかった記憶がある。
ユウキ 東京は最先端で新しいものがいっぱい生まれているから、名古屋にいちゃダメだって思って。そこに行かないとダメだって思ったから。ライブをしていても、そういう人たちが集まるから。違う空気感はあるよね

●フジロックから朝霧へ。

–––– 去年フジロックのルーキーに出演しました。その時はどんな感覚を持ちましたか。

ユナ びっくりした。
ユウキ 初めての光景で想像と違っていたね。
カナ 想像していたよりもはるかに人が来てくれて。

–––– 去年のルーキーの中ではCHAIがおもしろかったと多くの人が言っていました。

一同 よかったあ。うれしい(笑)。

–––– 海外からも注目を集めているフジロックに出ることは、バンドとしても大きな目標だったのですか。

マナ はじめてフェスに行ったのがフジロックだったから。
カナ それまで4人でフェスっていうものに行ったことがなくて、フジロックに一回行ってみたいなあってみんなで言っていて。行ったらやっぱりおもしろくてね。

–––– 洋楽を聞くようになったら、旬の洋楽のアーティストが集結するのだから行きたくなりますよね。

カナ そうそう。ラインナップがすごいもん。

–––– 遊びでいった一昨年は誰がよかった?

一同 ジ・インターネットがよくて。
ユウキ 惚れちゃった。

–––– ジ・インターネット以外で記憶に残っているバンドは?去年でもいいですけど。

マナ The XXがすごくよかった。
ユナ ゴリラズもよかったし。
カナ ゴリラズのライブを見てからの自分たちのライブだったから、ぶち上がりましったよ(笑)。
ユウキ ライブを見た興奮をどこに置いたらいいのかわからなくなって。
カナ ゴリラズが終わってからすぐのライブでギリギリ間に合って。

–––– 自分たちの大切なライブなのに、よくギリギリまで見ていましたね。

マナ 結局「Feel Good Inc」をやらなくて。
カナ 「Feel Good Inc」を聞きたくて、この曲まではって待っていたんですだけど、やらなかったから最後まで見ることになって。それで走ってルーキーのステージまで行って。
ユウキ もしかしたら、ゴリラズはもう一生見れないかもと思っていたから。
カナ デーモン(ブラー)に愛を送ったら返してくれて。なんかそういう機会をもらって。ゴリラズに聞きたいことを聞くというメディアの企画があって。
ユウキ 日本のミュージシャンが4組くらい代表して聞くという企画で。その中に CHAIも選ばれて。「大好き、よく聞いています」っていうメッセージを投げて。
ユナ 本当にたまらなく好きだから。
マナ デーモンから「君たちもいい音楽だね、これをやっていたら絶対に大丈夫」っていうようなメッセージを返してくれて。超うれしかったよね。

–––– めざせゴリラズのオープニングアクト!

一同 やりたーい!やばーい!!
カナ それで海外でライブをやれたりしたら最高!
ユナ 興奮し過ぎて演奏を間違いそう(笑)。

–––– 2年連続して、今年もフジロックに出演しました。ステージから見えた風景は、去年のルーキーとはまた違ったものでしたか。

カナ うん、全然違う。お客さんが待っていてくれたね。その感じが違う。私たちの気持ちも高まったいたし。
ユウキ 空気感はアメリカでライブをした時と似てた。だからやっぱり戦いだった。

–––– ライブをしているときは、興奮していつつ、冷静でいる自分もいるわけでしょ?

カナ うん。
マナ 終わって、最高に楽しい思い出しか残ってなかったですね。
ユナ 今年のレッドマーキーはVJさんもついて、後ろのスクリーンに私たちの曲に映像をつけてくれて、夜の時間をドワーンと演出してくれて。お客さんもテンションが上がっていたし、私たちもそれに乗せられて上がって。ウワーイってやっていたら終わっちゃってしまって(笑)。

–––– フジロック用にセットリストを作って?

カナ 深夜のライブだったし、フジロックは特別。
ユウキ CHAIのクラブバージョン。ダンサブルっていう感じで。

–––– 今年のフジロックは3日間いられたんですか。

マナ 残念ながら1日だけで。
ユナ 見たいバンドがいっぱいあったんですだけど。

–––– 今年のフジロックではを見られたんですか。

カナ ハインズだけは見た。他はまったく見れず。

–––– この一年でいろんなフェスに出演するようになりました。自分たちの成長を感じることはありますか?

ユナ 自分たちの変化よりもお客さんが変わったのかな。待っていてくれるお客さんが増えた。
ユウキ お客さんへの曲の浸透具合がわかるっていうか。

–––– お客さんは男性と女性で、どっちが多いのですか。

カナ これまでは女の子がすごく多かったんだけど、最近は半々になってきた。
ユウキ それと最近は年齢幅が広がっていて、前は同年代が多かったのに、今はファミリーの方も多くて、パパ、ママ、娘ちゃんを肩に、なんて人もいるよね。
マナ たぶん広がっているんだね。
ユウキ 子どもが来てくれるのがすごくうれしくて、ステージから見てもめちゃくちゃかわいくて。同じピンクとか、ツインテールとか。めっちゃ見ちゃう。

–––– 今までで印象に残っている自分たちのライブは?

カナ 日本だとフジロックだなあ。今年のレッドマーキー。あとはアメリカのサウスバイサウスウェストで出たバーガーレコード主催の夜のステージが記憶に残っている。
マナ そのライブはすごく楽しかった。

–––– 楽しいときって、自分たちのテンションはどうなっているのですか。

カナ すごくハイだと思う。
マナ 涙が出そうになる。

–––– 次に今持っている目標は?

カナ アメリカに行って思ったのは、本当にいい曲を作りたいと思って。それはいろんなステージに出させてもらって、めちゃくちゃ小さなところも、環境も悪いところもあって、そんな場所でもいい音楽ってちゃんと伝わるし、その人たちの持っている人間力もものすごく伝わるから。とにかく自分たちのいい曲で、自分たちを出していけばいいって思って。だからいい曲を作ろうと思った。

–––– 曲を作る段階から、日本だけではなく海外も意識している?

一同 もちろん!

–––– 曲作りで苦心することはないのですか。

カナ すごくある。すごく時間がかかるから。
マナ このアレンジはどうしようとか、メロディがパッとしないなとか。何かに似るのも良くないし。似ているけどなんか違うっていう曲が多いけど、できた曲をCHAIのものにするのが難しい。
カナ 唯一無二がいいからね。○○っぽいって言われるのが嫌だから。やったことがないリズムをやりたいし。

–––– 今は目標としているところの何合目くらいまできている感覚ですか。

マナ 毎回アルバムを作るたびに100まで行く!けれど、作った後にだんだん飽きていく。
カナ いつも今好きなものを全部出すから、最高じゃんってなる。

–––– ライブでは古い曲はあまりやらない?

カナ 定番のものはやるけど。その曲はたぶんこれからもずっとやると思う。それ以外はドンドン新しいものになっていくね(笑)。
ユウキ 次にやりたいことがどんどん生まれてきちゃうから、変えざるをえないというか。

–––– 排除というのはある意味強いですね。次の目標は?

マナ いろんな音楽をやりたいから、メロディがいいっていうよりかは、CSSとかベースメントジャックスとかジャスティスがすごく大好きで根本にあったんだけど、それをまたちゃんとやりたいと思っていて。ちゃんと音にしたいと思っているから。かっこいいかわいい。もちろんいいメロディの曲っていうのもあるけど。それよりもライブでやりたいって思うこととか。それこそアメリカの夜のステージに合うなって思って作ったりもした。

–––– それが自分たちで納得のいく形になったら、また変わるかもしれない?

ユナ そのときになったらまた変わる。
ユウキ それがCHAIのいいところ。

–––– 4人にとってCHAIはどういう存在なのですか?

ユナ 一言ではなかなか言い表せないな。
ユウキ ニューファミリーだよ。
カナ 一緒に住んでるし、確かにニューファミリーではあるな。
マナ 友達を超えた存在。

–––– 今年は朝霧JAMに出演します。フジロックと同じ年に朝霧JAMに出演するミュージシャンって少ないんですよ。

マナ そうなんだ。うれしい!

–––– 朝霧JAMに行ったことはあるのですか?

ユナ ないんです。
カナ 富士山だよね。
ユウキ 富士山が見えるの?

–––– 晴れたら目の前にドーンと見えますよ。

カナ わあ、そんなところでライブできるってすごーい。楽しみ。

–––– 朝霧JAMに向けての抱負を最後に。

ユウキ まだ行ったことがないから、余計に楽しみ。
マナ 富士山を目の前で見たことがないし。
カナ 高速道路から見るくらいで麓まで行ったことがないな。
ユナ 晴れてくれ~!
カナ フジロックと同じようなお客さんが多いのなら、本当に勝負だね。かっちりセットを決めていきます。
マナ 誰のステージにも負けないように(笑)。
ユウキ 優勝します!

–––– ライブやフェスは勝ち負けだけじゃないんですよ(笑)。

一同 気持ちだけは他の誰にも負けないようにしまーす(笑)。

(Text=菊地 崇/Photo=林 大輔)

CHAI

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組。17年10月に1stアルバム「PINK」をリリースしオリコンインディーチャート4 位を獲得。今年2月には「PINK」US盤をアメリカの人気インディーレーベルBURGER Recordsよりリリースし3月にはアメリカ西海岸ツアーと2 度目のSXSW 出演を果たした。『NEOかわいい』をコンセプトに、世界も視野にいれている。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント