• フェス

待望のTHE COLEMAN CAMP 2020が、11月21日から涸沼自然公園で開催!

2020.10.16 Fri

滝沢守生(タキザー)

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負


 2020年11月21日から23日までの3日間、茨城県にある涸沼自然公園キャンプ場で、第2回「THE COLEMAN CAMP 2020」(以下TCC)が開催されることが発表された。TCCは昨年の初開催に続き、今年は会場を茨城県に移し2回目の開催。このコロナ禍の状況のなか、あらゆる角度から開催の可能性を探り、地域コミュニティとともに、現在できうる限りの感染拡大防止対策を講じての開催発表となった。

 会場となる涸沼は、ラムサール条約にも登録された大きな汽水湖で、ヤマトシジミの産地として知られている。また、1971年には20世紀最後の新種発見と話題にもなった小型のトンボ、ヒヌマイトトンボが生息する生物多様性の宝庫でもある。

 これまで私たちは「STAY HOME」を合言葉に、子どもから大人まで、あらゆる活動を自粛し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めてきました。そのいっぽう、外出制限が続けば続くほど、人は新鮮な空気や太陽の光、木々の緑など、自然がもたらしてくれる恩恵やアウトドアで過ごすかけがえのない時間の大切さを再確認しました。そうして、徐々にキャンプ場や公園が再開されると、多くの人がアウトドアへと出かけるようになってきています。

 そんな日々刻々と変わる状況のなか、多くのファンやユーザーにとってみれば、まさに待ちに待った開催ともいえるこのたびのTCC。発表されたプログラムは、アウトドアを心ゆくまで楽しめる濃密な内容。焚き火を囲みながら、爽やかな風に吹かれながらアコースティックなライブが楽しめる ”MARTIN GUITAR ACOUSTIC STAGE”と題されたライブには、近藤利樹、竹内アンナ、斎藤誠 with 柳沢二三男と3組のアーティストが決定。

 左から若い順(笑)ティーンからベテランまで、バラエティに富んだ才能あふれるアーティストが集まってくれた。

近藤利樹
2007年生まれ。7歳よりウクレレを始める。ウクレレをかき鳴らす、素晴らしい高速グルーブを生み出すテクニックを武器に「ナニワの光速ウクレレ少年」として、TVなど多くのメディアに出演。2018年7月、ウクレレの世界的アーティスト、ジェイク・シマブクロ氏のプロデュースによる「UKULELE DAYS」でメジャーデビュー。2019年、最年少でFUJI ROCK FESTIVAL ‘19に出演。また、12歳にして初のウクレレ教則本を出版するなど、大いなる可能性を秘めた期待の新人。

竹内アンナ
1998年アメリカ・ロサンゼルス生まれ。幼少より親の影響で70年代や80年代の音楽に触れ、中学1年生でギターを弾き始める。アコースティック・ギターにスラッピングを取り入れたプレイスタイルと、透明感のある歌声が各所話題になり、2018年3月アメリカ・テキサス州オースティンで行われた大型フェス「SXSW 2018」に弱冠19歳で出演。2020年3月18日には待望の1st ALBUM『MATOUSIC』をリリース。10月7日には4枚目となるE.P『at FOUR』を発表したばかり。

斎藤誠
これまでシンガーソングライターとして、シングル15枚・ベスト盤を含むアルバム13枚をリリース。現在は、サザンオールスターズ・桑田佳祐のサポートギタリストとしても活動。そして「ネブラスカ」と称した弾き語りライブや、マーティン社とのコラボレーションイベント「Rebirth Tour」に参加するなど、自身のライブ活動も精力的にこなす。

柳沢二三男
18歳で北海道から上京以来40年、ギターひとすじ。矢沢永吉、高橋真梨子、PUFFY、財津和夫、増田俊郎、杉山清貴、中村雅俊など、数えきれないほど多くの有名アーティストのツアーやレコーディングに参加。2016年2月にバンド『230 Nama-Raika 』結成。斎藤誠とは20年来の付き合いで共演も多く、気心が知れる間柄。ブルースと酒とイカをこよなく愛するギタリスト。

 フィールドを生かしたカヌー体験や、プロフェッショナルな講師によるバーベキューワークショップ、アウトドア好きなラジオパーソナリティとしても知られる井手大介氏によるトークショーなどなど。

 焚き火がほんとうにありがたいこの季節、健康と安全を最優先にしながら、自然豊かなフィールドでキャンプやアウトドア体験を通じ、人と自然の適切なつながりを感じることのできるイベントになっている。

 今年は、コロナ禍により、規模や参加人数を限定しての開催となり、参加希望者が多いことが予想されるため、チケットは抽選での発売になっている。応募受付は10月26日まで! 

 チケットのお申し込みと詳細は、コチラ https://thecolemancamp.com/

The Coleman Camp 2020

●日程(Day):2020年11月21日(土)9:00 OPEN~11月23日(月・祝)15:00 CLOSE
※雨天決行/主催者判断により中止の場合あり *定員:150組500~550名程度

●会場(Place):涸沼自然公園キャンプ場 茨城県東茨城郡茨城町中石崎2263

●参加費(Fee):
【キャンプサイト入場券】
・オートサイト:ペアチケット(大人2名)+オートサイト駐車券(1台):18,000円
・フリーサイト:ペアチケット(大人2名)+フリーサイト駐車券(1台):15,000円
【追加チケット】
・大人1名:5,000円・中学生以下1名:3,000円 ※未就学児は無料

※問合わせ https://thecolemancamp.com/
 

滝沢守生(タキザー)

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。コンサベーション・アライアンス・ジャパン事務局長。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント