line_box_head

【食べてみた】メイドイン台湾の登山用フリーズドライ(好吃!)

(2015.12.06)

ごはんのTOP

icon

01

「輕快風生活館」というメーカーが作る、アルファ米を利用したメイド・イン・台湾のフリーズドライ

02

今回試食したのは「筍香飯」。パッケージに「十分鐘開飯(10分ディナー)」とキャッチコピーが乗っています

03

かなりの具だくさん。タケノコ、キャベツ、シイタケやキクラゲなどのキノコ、セロリ、ニンジンなど

04

見た目は日本の五目ご飯ですが、味はまさに中華風。八角の香りがふわりと漂い、食欲が増します!

05

今回購入した「台北山水戶外休閒用品專門店」は日本のショップ顔負けの品揃え。台北火車站のM7出口から徒歩30秒。周囲は登山やアウトドア系の小売店のほか、パタゴニアやアークテリクス、アウトドアリサーチなどの直営店も

 先週、台湾を訪れていたAkimama編集部。沖縄の与那国島から西にわずか110kmほどの位置にある台湾は、日本の九州とほぼ同じ面積でありながら、3,000mを超える山々が140座以上あるという、じつは山の島です。

 今回、その主要都市である台北の、巨大ターミナル「台北火車站」に隣接する登山・アウトドアショップ街で、ある食品を入手! さっそく実食してみました。

 その食品とはMade in Taiwanのフリーズドライ。今回手にしたのは「輕快風生活館」というメーカーの、アルファ米を利用した「筍香飯」。日本の尾西食品やアマノフーズなどと同じように密封袋の中にアルファ米と乾燥剤が封入され、パッケージの裏側には作り方が明記されていました。

「取出脱氣劑,將沸水沖入袋内接近注水線,撹拌後再加足水量至注水線,封上袋口悶10分鐘,撹拌均後即可食用。(水温較低時需延長沖泡時間,冷水即需60分鐘)」

 推測するに「乾燥剤を取り出し、熱湯を注水線近くまでいったん注ぎ、よくかき混ぜたら今度は注水線まで湯を注ぎ、袋の口を閉じて10分。よく混ぜれば食べられるよ!」という感じでしょう。( )内は、水のときは60分待て、ってことですね。漢字からなんとなく理解できます。

 材料には、乾燥米飯をメインに、竹筍(タケノコ)、高麗菜(キャベツ)、香菇(キノコ類)、木耳(きくらげ)、芹菜(セロリ)といった具材が入っている模様。さらに調味料は醤油や砂糖、油のほか、八角、茴香(フェンネル)、丁香(クローブ)、烏醋(黒酢)などなど、日本の味付けとは明らかに違いそう。

 ああ、いったどんな味なんだ! しかも味精(旨味成分)や防腐剤は無添加。これはかなり期待が持てます!

 熱湯を注いで待つこと10分、袋をオーーープン! 静かにホワっと湯気が立ち上り、ほのかに香辛料の香りが漂います。スプーンですくい上げてみると、ご飯に対して具の量もかなり充実。

 そしておもむろに口に含むと………

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot