line_box_head

カレー好き集結! 日本一のアウトドアカレーを決める投票にあなたも参加できる!

(2016.09.25)

ごはんのTOP

icon


 カレーと言えばキャンプ料理の鉄板メニュー。各家庭、各料理好きのオリジナルレシピがありますが、誰かの調理風景を(とくに野外料理としては)じっくり見学する機会はなかなかありません。

 10月に静岡県で開催されるアウトドアイベント「フィールアース」では、アウトドア料理の達人たちがカレー作りの腕を競いあう人気コンテンツ「アウトドアカレー対決」が今年も開催されることになりました。
一般参加者も審査に加わることができる
 昨年も大勢のカレー好きが足を運び、熱戦を見守ったこの対決。基本ルールはとてもシンプルで、挑戦者が制限時間2時間以内にカレーとサイドメニュー最低1品を、アシスタント1名をつけて作るというもの。審査は審査委員4名と、一般参加者が投票形式でジャッジ。その得票数によって真の「キング・オブ・アウトドアカレー」を決定するという、スパイシーでホットな戦いなのです。

 昨年は、過去3連覇した王者・小雀陣二氏をおさえ、ほぼ飛び入りに近かったアウトドアプロモーターの大木ハカセ氏が見事優勝をおさめました。
「キング・オブ・アウトドアカレー」の座をいとめた大木ハカセさんの「2日目食材の夜カレー」
 また、「シークレット食材」が今年も登場。シークレット食材とは、調理開始の合図とともに挑戦者全員に配られるとある食材を必ずカレーかサイドメニューに用いる……という、その場の応用力が必要とされる試み。開催地の静岡県の名産にちなんだ果物なのか、野菜なのか、はたまた○○なのか!? 実行委員も非常に頭を悩ませて食材を選定中だそうです。
調理開始直前に明らかになる「シークレット食材」。挑戦者は必ず直前までベールに包まれた食材を使わなくてはならない(過去にはクリームチーズも登場)
 いや〜これは行かないわけにはいかないでしょう!

 興味のある方は、まずはイベント「フィールアース」へご参加を。約90名の一般審査枠が用意され、当日の抽選で権利を得た人は挑戦者のカレーを試食・投票できます。
各挑戦者は、審査委員を前に完成したカレーのこだわりや調理法についてプレゼンをする
 対決の結果や模様はフリーマガジン『フィールドライフ 2016年冬号』に各挑戦者のレシピとともに掲載予定! 遠方の方はぜひ誌面でご覧ください。
アウトドア料理ならではの豪快なテクニックや食材づかいが間近で見学できるチャンス!

フィールドライフ連載
「だれでもキャンプ料理の王様」特別公開企画
アウトドアカレー対決 第7戦
■日時:10月16日(日)朝9時スタート予定
■会場:静岡県 大野路キャンプ場
    「フィールアース」アウトドアカレー対決特設スペース
■一般審査枠:90名予定(整理番号つき抽選券をカレー対決の調理中に会場で入手し、当選者90名が審査に参加。マイ食器を持参の上、100円でライスを購入)

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot