line_box_head

学生の学生による学生のためのEDMフェス。GREEN FIELD FESTIVALの開催は10月18日!!

(2014.10.04)

フェスのTOP

icon

EDM

学生団体HOWDYが主催するGREEN FIELD FESTIVALは、野外版EDMフェス。イベントの開催は10月18日の土曜日。場所は千葉県の幕張海浜公園。出演者は、マーク・パンサー、Taker John Otoguro、DJ YUMMY、TOMO HIRATA、荒木さやか、湯川正人、中津川翔太など豪華な顔ぶれが並ぶ。学生たちがつくった学生目線の音楽イベント“GREEN FILRD FESTIVAL”はどんな成功を収めるのか。必見必聴のイベントなり

 いま、世界中で注目を集めているフェスのカタチ、EDM。エレクトロニック・ダンス・ミュージック(Electronic Dance Music)とは、平たく言ってしまえば、テクノやハウス、トランスなどで構成されるエレクトロニックな音楽のこと。

 ある意味、オーディエンスを踊らせることを目的としている音楽ともいえる。

 日本では、まだメジャーな音楽とは言えないものの、世界的な目線で見てみると、なんとも規模感の大きなビッグフェス、いやモンスターフェスが多い。たとえば、Tomorroland、ULTLA、EDCなどなど。

 EDMの音楽をライブで味わってしまうと、その一体感に虜になってしまう人も多いという。アップテンポで、会場をひとつに包み込む。まさに、”ライブミュージック”である。日本では、SONIC MANIA、ULTLA JAPANなどが開催されている。

 そして今回、10月18日の土曜日に千葉の幕張にてGREEN FIELD FESTIVALが開催されることとなった。

 このイベントのめざすところは「EDMをより多くの人に、より親しみやすく、よりオープンで安心安全に楽しめるビーチフェス」。EDMを、カジュアルに、自由で開放的に楽しむ場所をつくりたい。そんな強い想いをあたためてきたのは……なんと現役の学生たちなのである。

 いわゆるインカレ形式の学生団体“HOWDY”は、イベントづくりを学生たちだけで協同して行なっている。関東近郊の大学からおよそ100人ほどの仲間が集まって、それぞれが運営や設営、広報など分業をしながらひとつのイベントをつくりあげていくのである。

 このGREEN FIELD FESTIVALが開催される場所は、幕張海浜公園のビーチ特設ステージ。学生たちの本気度が伺える場所だ。

 仲間同士がひとつのものに向かって突き進むとき、どんな化学変化が起きるのだろうか。はてさて、彼らはどんなイベントをつくりあげるのだろうと、いまから楽しみでしょうがない。そして、学生たちがウラヤマシくもある。
              

HP:http://howdy-studentorgs.com/edmfes14/
Facebook:http://bit.ly/GFF-fb
Twitter:@2014GFF http://bit.ly/GFF-twitter

                     
     

■GREEN FIELD FESTIVAL開催概要 
日程:2014年10月18日(土)
開場:11:00/終演 21:00  *会場終演時刻は変更される場合あり
会場:幕張海浜公園 “GREEN FIELD FESTIVAL”ビーチ特設会場
千葉県千葉市美浜区ひび野2-116
出演:マーク・パンサー、Taker John Otoguro(block.fm)、DJ YUMMY、TOMO HIRATA、荒木さやか、湯川正人、中津川翔太、SoH(QUORE)、YUSA(Mink Party)、KÍTE(SUNNY)
料金:一般前売3,900円(規定枚数終了次第終了) 当日券 5,000円/※1ドリンク別途500円
             

各プレイガイドにて絶賛販売中 
 Peatix:http://ptix.co/1t7CrSL
 e-plus:http://bit.ly/1rVFDT8
 iFLYER:http://iflyer.tv/ja/event/206241#u_top

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot