line_box_head

おいなりさんの揚げ、そんなふうに使っちゃうの!! 意外な3種の「ものぐさおとこの山ごはん㉓」

(2018.01.13)

ごはんのTOP

icon

 ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはん買う人も多いと思うんだけど、温かい食事を山で食べたくない?ってことで、「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。
 今まではコンビニおにぎりを活用した超時短レシピを紹介してきたんだけど、今回は少し変わり種のお稲荷さん系おにぎりでの調理を提案をしてみたいと思う。

 今回セブンイレブンで見つけたのはこの3種。
 しかし今回はこれらをいっぺんに使うわけじゃないのだ。

 通常のおにぎりと違ってお稲荷さんは周りを包んであるお揚げにかなり強めの味がついている。そこでこれを調味料&具として活用しようぜって話。

 でも甘みが強いからどう使うのかちょっとだけセンスがいる。そこで今回はこの3種にそれぞれ合ったコンビネーションを教えるので、みなさんもほかのお稲荷さん系おにぎりを見つけても挑戦してくれたらうれしいな。

 まずは❶の五目いなりを使ってお稲荷さん系の使い方の基本となる「五目稲荷茶漬け」を紹介する。これはなんのコツもない。
 まずはパッケージをあけてお揚げを取り出してナイフでカット。縦に半分にして細切りするんだけど、切り方は好き好きでいいと思う。
 で、100ccほどのお湯に全部入れてスプーンで崩しながらよく混ざったら完成。
 なんの工夫もないんだけど、おにぎりよりも具だくさんで寂しくないのだ。味も五目いなりそのものなんだけど、温かいのとお揚げが短冊に切ってあるおかげでにぎやかに感じます。
 ふたつ目はコチラ。❷のわさびいなりと鮭のおにぎりを使って「わさび鮭茶漬け」。

 やることは全部同じになっちゃうけど、わさびいなりのお揚げを外してカット。ナイフがなければちぎってもいいぞ。
 そしたらあとはコッヘルに100㏄ほどお湯を沸かしておにぎりをドボン! このときの鮭おにぎりはいつもの通り海苔を外しておいてね。

 スプーンでかき混ぜて海苔をパラリと振りかけたら完成です。
 わさび漬けの味がとてもしっかりしていて、鮭とも相性抜群。ほうじ茶とか緑茶で作ってもおいしいだろうな。

 さて! 最後は❸柚子れんこんと鶏そぼろにぎりのコンビ。
 といってもまぁ、やることは全部同じ。お揚げを外してカットしてお湯沸かして混ぜるだけ。海苔も一緒になってるので、全部一緒に混ぜちゃいましょう。

 完成図はコチラ!
 味の方は甘みの中にれんこんの酸味とゆずがさわやかに香ってじつにおいしい。ただ、味の濃さは上のふたつと比べるとパンチに欠けます。味が弱かったら柚子胡椒とかめんつゆを少し足すといいかも。

 このように「揚げ」を具や調味料として使えば、単純におにぎりとして食べるだけ以上に、山ごはんとしてのバリエーションが増えるというわけです。冷える時期は温かい食事もうれしいし、油と甘みをつけた揚げはエネルギー補給にもいいと思う。

 今回は稲荷さん系おにぎりの使い方でした! 次回もどんな内容になるかこうご期待です!!
(文・写真=BASE CAMP A-suke)

 
 
ライター
A-suke

アウトドアをコンセプトにした東京水道橋のカフェ「BASE CAMP」店長。 アウトドア料理関連の仕事の他にもワークショップ、グッズの企画/デザイン、イベント出典など、活動は多岐。ハンティングやフライフィッシングなど狩猟採集にも精通し、食とアウトドアを結ぶさまざまな遊びを提案中!http://www.cafe-basecamp.com/

line_box_foot