line_box_head

【山ヤの子育て】目指せ100座! 3座目・子連れ登山侮るべからず <前編>

(2019.06.11)

登山のTOP

icon

偉大な第一歩

 娘が月齢11ヶ月になったある日、彼女が突然、ニョキッと立ち上がった。

 それまでなにかに捕まりながら立ち上がることはあっても、自力で立ち上がることはできなかったので、その瞬間が突然過ぎて、われわれ山ヤ夫婦はただただ大騒ぎだった。

 そして数日後には、ついに彼女の人生で最初の一歩を踏み出すことになる。最初の一歩は、数センチ前に進んだだけで、尻もちをついてしまった。世界最高峰に挑む登山家の壮大な人生も、北極点にひとり向かう冒険家の長い長い旅も、みんなこの最初の一歩からはじまっているのかと思うと、娘の頼りない一歩に、壮大なロマンを感じてしまう。この先、彼女が歩むであろう道は、どこまで続く道だろうか。小さな一歩を積み重ねて、いつか誰も見たことがない美しい景色を見に行ってほしい、と想いをはせる。

 ついに歩いた、といっても、数歩だけだが、娘の姿に成長を感じた山ヤ夫婦は思ってしまった。

「登山家としての一歩を踏み出したことだし、そろそろもっと長いコースにも挑戦できるのでは……?」

 そして、0歳児を背負って五時間半の山行に出かけることに決めたのだ。

愛用のベビーキャリアに乗って、本日はロングコースに挑戦。やや緊張の面持ちか?

冬山登山の必需品! 持ち物チェックリスト

 雪こそ降っていないが、まだ山は寒さが厳しい季節。5時間の山行に備え、忘れ物がないように私たちが子連れ登山の際、ザックに詰めている荷物を改めてリスト化した。

●オムツ交換セット
 オムツは3〜4枚。軽量化を図るために、もう少しでなくなりそうだな、というくらいまで減ったお尻拭きをとっておいて、登山時はそれを持参している。
●おやつと離乳食(山行中に食事をとる場合)
 離乳食は、レトルトのお弁当が便利。私は心配性なので、一食分多く持っていくか、それに相当する子ども用のパンなどを持っていく。

完食してしまったので、よく食べる子であればもっと多めに持参してもいいと思う。

●ワセリン
 2座目の記事で紹介したワセリン。赤ちゃんの肌は大人の肌よりずっと乾燥しやすので気をつけよう。
●麦茶
●ノンアルコールのウェットティッシュ
●お湯
 余裕があれば、離乳食を少し温めてあげたいのでいつも持参。冬山登山では麦茶がキンキンに冷たくなってしまうので、飲ませる前に少しお湯を足してあげると赤ちゃんのお腹に優しい。
●レジャーシート
●ブランケットなど防寒具
 ベビーキャリアに乗っている間は厚手のカバーオールで防寒は十分だが、地面に下ろすととたんに寒がるので、休憩時にさっと羽織れる防寒具があると便利。

地面に直で座ると、いっきに寒くなるのかブルブル震えることも。さっと羽織れる防寒具は重宝する。

●ベビーキャリアのレインカバー
●着替え
 冬の山中で着替えさせることはまずないだろう、と思うものの、万が一おしっこやウンチが漏れてしまった場合、そこからどんどん体が冷えてしまうので、いつもお守りがわりに持参。
●チェアベルト
 アウトドアで食事をさせるときにあるとたいへん便利なグッズ! 動きまわる赤ちゃんを固定できるし、食べさせる側は両手が使えるようになるので、もはや外出時の必須アイテムになっている。

1 2
 
 
ライター
まつだ しなこ

北海道から九州まで、日本全国の山を縦走メインで年中楽しむ。山道具マニアの夫との間に娘が生まれてからは、快適な親子登山について日々研究中。夢は将来大きくなった娘と山頂でお酒を飲むこと!

line_box_foot