line_box_head

カシオのWSD-F10に新機能。CASIO MOMENT LINKで新スタイルの山登りに行こう!!

(2016.11.30)

道具のTOP

icon


 3月の発売以降、注目を集めるWSD-F10。akimamaでも、数度にわたって紹介やレビューを続けているが、このウェアラブル端末が華やかなりし時代、たったの半年でまたしても“進化”してしまった。ならば、akimamaとしても追い掛けていくしかないではないか! ということで、カシオの最新モデルWSD-F10を持って山、行ってきました。なにが進化したって? それは……。

CASIO MOMENT LINKってなんだ?
 
 WSD-F10はスマートウォッチなだけにスマホ(Android)との連動はお手のもので、いままでも日の出日の入り、潮の満ち引き、お天気情報、メールのやり取りほか、スマホに来る通知はほぼ手元で確認できる仕組みとなっていた。LINEやFacebook Messengerには音声での返信も可能で、「了解」とか「いま渋滞中」とかくらいの短い文章なら時計に話し掛けるだけで用が足りてしまうと話題になったし、もちろん「OK、グーグル」もできる。もう未来の世界ダァーなんてことは以前の記事にも書いたのだけど……。まぁ、その未来がまたしても一歩先に進んだってことでしょう。
WSD-F10の基本機能はアウトドアに必要なアプリの王道を行く。日の出や日の入のお知らせ/デジタル方位磁針/走行距離や時間に合わせて、補給食や休息をとるタイミングをリマインド/現在の高度やゴールまでの残りの高度、経過時間や移動速度を手元に表示/現在地の周囲の雨量情報を高精度、リアルタイムに表示する新感覚のお天気アプリなどなど
 さて、CASIO MOMENT LINK。いうなれば、コレ、スマホに対応したアプリのひとつ。日本語にすれば「位置情報コミュニケーションアプリ」となる。スマホのGPS機能を利用したアプリで、簡単にいえば、パーティになった仲間たちがいまどこにいるのかを地図上で示してくれる機能である。

 だから、山だったり、自転車だったり、ランニングだったり、スキー場のゲレンデだったり、個々人がそれぞれに行動を続けつつ、緩やかにパーティを組んでいるような状況下で大いに役立つ。また、コミュニケーションアプリの真髄としては、メッセージのやり取りが手元でできてしまうこと。つまり、時計に話し掛ければ、言葉をテキスト化してみんなの元へと送信してくれるわけ。

 だから、

 とか、

 なんて、ちょっとお知らせしたいことを手軽に共有できてしまうわけ。お腹空いたー、帰りにカツ丼、なんてのも実際やりとりしてたんですが、そんな平和なときだけでなく、ケガをしたときや忘れ物をして小屋に戻るなんて緊急連絡にも使えるでしょう。

 そして、なんとYAMAPとの連動も可能で、自分たちが歩いてきた軌跡を残すこともできちゃいます。
 
  YAMAPの画面はこんな具合。
      
 仲間の位置を地図上に表示してくれるCASIO MOMENT LINKは、背景を略地図、地形図、航空写真の3つから選ぶことも可能となっています。

 これがこのアプリのネーミング“CASIO MOMENT LINK”の由来なんだろうと思う。その「瞬時」をみんなと「リンク」できるから。
 
 そしてもちろん、アウトドアでの使用をベースに開発されているだけに、高度や気圧、方角に緯度経度、行動時間なんて一発表示。
ウォッチフェイスのデザインも自分好みで設定することができる仕組みに。左右の写真がウォッチフェイスのバリエーション。また、センターの写真にもあるように、正確な緯度経度もしっかりと表示。これもGPSを利用しているからこそできること。かなりいろいろと盛り込まれています

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot