line_box_head

都区内で気軽に焚火を楽しみたい。そんな人におすすめのColumbia 焚火クラブが初開催。

(2018.11.15)

アウトドアのTOP

icon

 東京23区内で焚き火できる場所は限られている。その少ない焚火スポットのひとつが若洲公園キャンプ場。春はメトロック、秋はぴあロックやTAKIBI CLUBなどのフェスも開催されている場所だ。

「気軽に都心でキャンプや焚火を楽しんでもらいたい」。そんな思いを持って『Columbia 焚火クラブ』がここで初開催されることになった。

 実際に火をくべて焚火台の違いが確認できる「試焚火コーナー」、焚火に親しむと有事の際にも焚火が役に立つことを体験するブース「ステップキャンプ」、焚火を囲んで食事やお酒を楽しむ焚火ラウンジ、アウトドア用品の展示販売を行うマーケットなどがコンテンツとしてラインナップされている。ライブやパフォーマンス、ワークショップといったフェスの要素もプラスされている。

 関東での冬は天候も安定しているし、乾燥することで空気が澄み、星空もきれいに見える。焚火の暖かさや優しさをあらためて感じることもできる。両日ともに閉場は21時を予定しているという。日帰りでも十分に楽しめるけれど、冬の焚火を存分に味わうのなら、やっぱりキャンプインがおすすめ。

Columbia 焚火クラブ2018
開催日:12月1日(土曜日)2日(日曜日)
会場:若洲公園キャンプ場
出演:OJI、MOCCA、加賀谷はつみ、原口香英、他

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot